2021年8月8日 ディボーション

マタイ4章


 イエス様は悪魔の試みを3回受けられるが3回ともその試みに打ち勝った。

 悪魔に対抗した時に用いられたことは、聖書のみことばだった。イエス様が 「書いてある。」ということばを4節、6節、7節、10節で4度も使われているのを調べてみたら、この「書いてある。」 ということばは、「わたしはこのみことばの通りに生きる」という決意を表していることらしい。


 神の子であるイエス様を試みるなんて悪魔も相当なものである。ヨブ記でも悪魔は、神に対抗していくところがあったけど、要するに悪魔は常に私達の周りで動いていていつでもスキあらばおそってくるということだろう。特に洗礼を受けたばかりの人々に対して誘惑してくる。

 又、神様の為の働きをしようとする時には何らかの形で邪魔をする。この世の悪魔との闘いは避けることのできないことだと神様も語っておられた。つまり信仰の戦いを絶えず続けていくことではないだろうか。その為には、やはり、イエス様が語られたように 「みことばの通りに生きること」である。


エペソ6:11 「悪魔の策略に対して堅く立つことができるように、神のすべての武具を身に      つけなさい。」

エペソ6:17 「救いのかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち神のことばを取りなさい。」


 イエス様の宣教がカぺナウムで開始した。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」と言われた。それに先立って、イエス様は4人の弟子達を選ばれた。4人とも漁師であった。

 イエス様は、2人の兄弟、ペテロとアンデレに言われた。

19節「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」

 彼らはすぐに網を捨ててイエスに従った。そして、もう2人の兄弟、ヤコブとヨハネを呼んだ。彼らはすぐに舟と父親を残してイエスに従った。

 ここの、舟と父親を残してイエスに従うことができたのは彼らの信仰はすでに神への信頼があったからできたのではないだろうか。自分だったらそのようなことができるだろうかと考えさせられるところである。そうなれたらいいなと思った。イエス様に従うということは、何を一番に優先していくのかということが示された。

 この宣教でイエス様は、ガリラヤ全域を巡って、教えて、宣べ伝えて、病を癒やされた。

イエス様の宣教の働きが開始する前に、イエス様はヨハネによって洗礼を受けなくてもいいことなのに、あえてご自身から受けられた。これはキリストに従う者達への模範となるためだった。それから悪魔の試みにあわれ勝利をえられて、そして4人の弟子達を招いて宣教の道の準備へと進んだのである。


祈り

 天の父なる神様。今日のみことばを心から感謝します。

ペテロ、アンドレ、ヤコブ、ヨハネのようにすぐに、すべてを捨ててあなたに従っていくことができるように、どうぞ私の信仰を強めて下さい。あなたのみことばに日々聞き従っていくことができますように導いて下さい。

 感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン




閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式