2021年8月5日 ディボーション

マタイの福音書1章


 今日から通読は、新約聖書のマタイの福音書に入る。

 マタイは、取税人だったが、イエスの「わたしについて来なさい」(マタイ9:8)という召しによって、12使徒の一人となった。

 マタイの福音書の特徴は、イエスというお方は、旧約聖書に預言され、ユダヤ人たちが待ち望んでいる「メシヤ=キリスト=救い主」であることを明らかにしている点にある。

 この1章の書き出しが系図で始まる意味は、「アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図」(1)とあるように、イエスはアブラハムとダビデの子孫、つまり、神によって約束されたメシヤであることを明らかにすることにある。

 そして、イエスの誕生物語、インマヌエル預言の成就と続く。


 私の家には、系図というものはない。しかし、父が召されたとき、叔母から色々な話を聴くことが出来た。父方の祖父は、九州から福島に来た人ということで、なるほど九州には「関」という姓がある。もともとは平家の末裔らしい。父方の祖母は、新潟の出身だと聞いた。母方になると、生粋の江戸っ子というくらいで詳しくは分からない。

 最近は、DNA検査を手軽に行い、自分の中にどの民族が入っているかを調べることが出来る。いつかやってみたいと思っている。


 私という存在は、肉の繋がりによる系図の中にある。しかし同時に、イエスを信じて神の子とされたことで、神の家族の系図に加えられたのである。

 この神の家族の系図を紡いでいきたいと思わされた。私の後に続く子ども、孫、子々孫々に至るまで、神の家族の系図に入っているように、信仰の継承を願わずにはおられない。



祈り

 天の父なる神さま。イエスが、メシヤであることを信じています。そのあなたを信じた私たちは、神の家族の系図に加えられていることを信じます。この新しい系図を、私の子々孫々に至るまで、紡いでいけますように、信仰を継承していけますようにと、心から願います。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式