top of page
  • hccnichigo

2021年8月5日 ディボーション

マタイの福音書1章


 今日から通読は、新約聖書のマタイの福音書に入る。

 マタイは、取税人だったが、イエスの「わたしについて来なさい」(マタイ9:8)という召しによって、12使徒の一人となった。

 マタイの福音書の特徴は、イエスというお方は、旧約聖書に預言され、ユダヤ人たちが待ち望んでいる「メシヤ=キリスト=救い主」であることを明らかにしている点にある。

 この1章の書き出しが系図で始まる意味は、「アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図」(1)とあるように、イエスはアブラハムとダビデの子孫、つまり、神によって約束されたメシヤであることを明らかにすることにある。

 そして、イエスの誕生物語、インマヌエル預言の成就と続く。


 私の家には、系図というものはない。しかし、父が召されたとき、叔母から色々な話を聴くことが出来た。父方の祖父は、九州から福島に来た人ということで、なるほど九州には「関」という姓がある。もともとは平家の末裔らしい。父方の祖母は、新潟の出身だと聞いた。母方になると、生粋の江戸っ子というくらいで詳しくは分からない。

 最近は、DNA検査を手軽に行い、自分の中にどの民族が入っているかを調べることが出来る。いつかやってみたいと思っている。


 私という存在は、肉の繋がりによる系図の中にある。しかし同時に、イエスを信じて神の子とされたことで、神の家族の系図に加えられたのである。

 この神の家族の系図を紡いでいきたいと思わされた。私の後に続く子ども、孫、子々孫々に至るまで、神の家族の系図に入っているように、信仰の継承を願わずにはおられない。



祈り

 天の父なる神さま。イエスが、メシヤであることを信じています。そのあなたを信じた私たちは、神の家族の系図に加えられていることを信じます。この新しい系図を、私の子々孫々に至るまで、紡いでいけますように、信仰を継承していけますようにと、心から願います。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年2月16日 マタイの福音書28章

『イエス様の復活ーいつも共におられるイエス様』 イエス様が十字架上で息を引き取り、弟子のひとりのヨセフがイエス様の体を引き取り、きれいな亜麻布に包み、岩を掘って造った墓におさめ、そして墓の入り口に大きな石を転がしておきました(前章27章)。途方に暮れていたマグダラのマリアともう一人のマリアは、イエス様の遺体に油を塗るために石が塞いでいる墓のところまででかけて行きます。(1節) すると大きな地震が起

2024年2月15日 マタイの福音書27章

マタイの福音書27章では、受難週の金曜日のでき事が記されている。イエスが十字架に架けられる時に数人の人々がどのような態度をとったかが述べられている。それらの人々とは、ユダ、ピラト、群衆、兵士たち、百人隊長、そして、アリマタヤ出身のヨセフ達である。 なかでも、いつも心に思わされるのはイエスを裏切ったユダである。ユダはイエスさまを売り渡したことを後悔する。ユダは4節で、「私は無実の人の血を売って罪を犯

2024年2月14日 マタイの福音書26章

いよいよ主が十字架にかかる時が来た。イエスは、十字架にかけられてしまったのではない、自ら進んで十字架にかかったのだ。 今日は、22節のことばを心に留めたい。 「主よ、まさか私ではないでしょう。」 このことばは、「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ります。」(23)というイエスのことばに対する弟子たちの反応だ。 この一人とは、イスカリオテのユダのことを指している(25節)。ユダは、銀貨30枚でイエ

Comments


bottom of page