2021年8月31日ディボーション

マタイの福音書27章


ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。18節


 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。

 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだったのか!?

 その衝撃が今日、通読をしていて、今一度、私の心によみがえってきた。


 ここにある「ねたみ」とは、英語では“Envy”、日本語で言うところの羨望である。何も罪を犯していないイエス様を人々はただ羨望ゆえに、いなくなってほしい思いが掻き立てられ、総督ピラトのもとに引き渡した。それをピラトは「知っていた」とある。

 知っていたのだから、公平な裁判ができたはずだ。しかし、人々の羨望「ねたみ」は、ついには殺気に満ちて「十字架につけろ。」という叫びをも止まらなくさせ、とうとうピラトはイエス様に十字架を負わせたのだった。


 そもそも“Envy”「羨望」とは、その対象をうらやましく思うことだが、なんとこの箇所では、その対象が、神の御子イエス・キリストに向けられたのだ。

 これが人の罪の根源、本質かもしれない。なぜなら人類のはじめ、アダムとエバは「神のようになって善悪を知る者となる」(創世記3:5)という誘惑に呑み込まれて、罪が入ってしまったのだから。


 私はまことの神を神として生きるように造られた存在だ。しかし、そのまことの神をどこか傍に追いやって、自分が神のようになろうとしてしまう時、私の内側にはその罪の本質が現れてくるのだろう。

 しかし、今日の27章はそのような罪ある人間をそれでも赦すために、十字架の道を黙々と歩み続ける神の子羊イエス様の姿がある。人の仇を恩で報いるような十字架の愛を今一度想い、その注がれた愛(アガペーの愛)の深さをもっと知りたいと思わされた。


イエス様、

あなたは神の御子なのに、人々からねたまれ、十字架へと引き渡されました。あざけられ、罵られても、「でも、それでも…」と、人の罪とがを赦し、黙々と十字架へ歩まれたあなたの愛の深さを想います。その愛を感謝します。アーメン。




閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式

マタイ25章 「ですから、目を覚ましていなさい。その日、その時をあなたがたは知らないのですから。」13節 このみことばは、24章42節でも述べられている。私達への警告として二度も語られている大切なことである。つまり、イエス様は、主の再臨に備えての私達クリスチャンが生きるべき道についての教えを3つのたとえで語られている。 1つ目は、花婿を迎える時の10人の娘たちにたとえられている。ここでの花婿はイエ