top of page
  • HCCnichigo

2021年8月31日ディボーション

マタイの福音書27章


ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節


 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。

 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだったのか!?

 その衝撃が今日、通読をしていて、今一度、私の心によみがえってきた。


 ここにある「ねたみ」とは、英語では“Envy”、日本語で言うところの羨望である。何も罪を犯していないイエス様を人々はただ羨望ゆえに、いなくなってほしい思いが掻き立てられ、総督ピラトのもとに引き渡した。それをピラトは「知っていた」とある。

 知っていたのだから、公平な裁判ができたはずだ。しかし、人々の羨望「ねたみ」は、ついには殺気に満ちて「十字架につけろ。」という叫びをも止まらなくさせ、とうとうピラトはイエス様に十字架を負わせたのだった。


 そもそも“Envy”「羨望」とは、その対象をうらやましく思うことだが、なんとこの箇所では、その対象が、神の御子イエス・キリストに向けられたのだ。

 これが人の罪の根源、本質かもしれない。なぜなら人類のはじめ、アダムとエバは「神のようになって善悪を知る者となる」(創世記3:5)という誘惑に呑み込まれて、罪が入ってしまったのだから。


 私はまことの神を神として生きるように造られた存在だ。しかし、そのまことの神をどこか傍に追いやって、自分が神のようになろうとしてしまう時、私の内側にはその罪の本質が現れてくるのだろう。

 しかし、今日の27章はそのような罪ある人間をそれでも赦すために、十字架の道を黙々と歩み続ける神の子羊イエス様の姿がある。人の仇を恩で報いるような十字架の愛を今一度想い、その注がれた愛(アガペーの愛)の深さをもっと知りたいと思わされた。


イエス様、

あなたは神の御子なのに、人々からねたまれ、十字架へと引き渡されました。あざけられ、罵られても、「でも、それでも…」と、人の罪とがを赦し、黙々と十字架へ歩まれたあなたの愛の深さを想います。その愛を感謝します。アーメン。




閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

2024年2月16日 マタイの福音書28章

『イエス様の復活ーいつも共におられるイエス様』 イエス様が十字架上で息を引き取り、弟子のひとりのヨセフがイエス様の体を引き取り、きれいな亜麻布に包み、岩を掘って造った墓におさめ、そして墓の入り口に大きな石を転がしておきました(前章27章)。途方に暮れていたマグダラのマリアともう一人のマリアは、イエス様の遺体に油を塗るために石が塞いでいる墓のところまででかけて行きます。(1節) すると大きな地震が起

2024年2月15日 マタイの福音書27章

マタイの福音書27章では、受難週の金曜日のでき事が記されている。イエスが十字架に架けられる時に数人の人々がどのような態度をとったかが述べられている。それらの人々とは、ユダ、ピラト、群衆、兵士たち、百人隊長、そして、アリマタヤ出身のヨセフ達である。 なかでも、いつも心に思わされるのはイエスを裏切ったユダである。ユダはイエスさまを売り渡したことを後悔する。ユダは4節で、「私は無実の人の血を売って罪を犯

2024年2月14日 マタイの福音書26章

いよいよ主が十字架にかかる時が来た。イエスは、十字架にかけられてしまったのではない、自ら進んで十字架にかかったのだ。 今日は、22節のことばを心に留めたい。 「主よ、まさか私ではないでしょう。」 このことばは、「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ります。」(23)というイエスのことばに対する弟子たちの反応だ。 この一人とは、イスカリオテのユダのことを指している(25節)。ユダは、銀貨30枚でイエ

bottom of page