2021年8月3日ディボーション

ヨブ記41章


『主が私のすべてです』


 主はヨブに言われた。

あなたは釣り針でレビヤタンを釣り上げることができるか。41章1節


 レビヤタンとは?

 聖書辞典にはこのように記されていた。


レビヤタン:

わにに似た巨大な怪獣、海で戯れる巨獣

また神によってさばかれるべき神に敵する勢力としてのエジプト、アッシリア、バビロニアを象徴すると思われる動物などとして描かれている  『新聖書辞典』より


 ここからレビヤタンについて分かるのは、これが当時の人々の恐れる対象であったことは間違いない。そして主はここで、このレビヤタンをそのからだの部分に至るまで力説するのだ。それを聞くと、レビヤタンがどんなに圧倒的なまでの力を持っているか…とても人が釣り針で釣り上げることなどできない存在であることがよく分かる。

 28節によればレビヤタンの前では、石投げの石も藁と化し、こん棒さえ藁と化す。人がどんなもので打とうとしても、レビヤタンには何のダメージも届かない。人が何によっても太刀打ちできない存在、それが恐ろしいレビヤタンだ。


 しかし、そのことばの合間で、主はヨブに言う。もっと畏れるべき存在、神がいることを。神が神を啓示しているのだ。

そうであれば、だれがいったい、わたしの前に立つことができるだろうか。

 だれが、まずわたしに与えたというのか。

 わたしがそれに報いなければならないほどに。

 天の下にあるものはみな、わたしのものだ。10〜11節


 レビヤタンと聞いても、正直あまりピンとこない。しかし、ヨブをはじめ当時の人々にはよく分かったのだろう。レビヤタンは恐ろしい、と。現代を生きる私たちにとってもレビヤタンにとって代わる恐ろしい存在というのは、この世界を見回せば、確かにある。

 そのような世界で、今日も嵐の中から響く主の御声を私はヨブとともに、しかとこの耳に入れたいと思った。


天の下にあるものはみな、わたしのものだ。11節


 そうか。あのレビヤタンだって、何だって、すべてのものを神様は今日も治めておられる。ということは結局、私にとっても、天と地を統べ治める神様がすべてなんだ。そんな風に、嵐の中からの御声を聞くヨブも思ったのではないかなぁ…。と、ヨブ記をともに読み進めてきた私もこの時、沈黙を破って響く神様のことばから、ヨブとともに再認識させられている。


 神様、あなただけが主の主。私のすべてです。


 賛美『夢見人 ドリーマー』の歌詞が、心に沁みます。ハレルヤ!





閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式

マタイ25章 「ですから、目を覚ましていなさい。その日、その時をあなたがたは知らないのですから。」13節 このみことばは、24章42節でも述べられている。私達への警告として二度も語られている大切なことである。つまり、イエス様は、主の再臨に備えての私達クリスチャンが生きるべき道についての教えを3つのたとえで語られている。 1つ目は、花婿を迎える時の10人の娘たちにたとえられている。ここでの花婿はイエ