top of page
  • HCCnichigo

2021年8月27日 ディボーション

マタイの福音書23章


 前章で「主を愛すること」が律法の中で一番重要な戒めだと告げられたイエス様。この23章では、律法学者やパリサイ人たちは、自分の虚栄心を満足させるために、うわべだけの善行を積んでいると指摘された。イエス様は、彼らの偽善行為の具体例をいくつか挙げられた。まとめると大体このようになる。

*正論を述べるだけで実行しない

*特権意識が強く人を見下す

*不純な動機(虚栄心・高慢・自己満足)によって行動する

*心は意地汚く強欲なのに、清く正しく美しいふりをする


彼らがしている行いはすべて人に見せるためです。」(5節)

 この御言葉が胸に刺さる。 

 私はずっと、人に見せるために欺瞞に満ちた生き方を実践してきた。

 小学生の頃は、親から体罰を受けたくなくて、死に物狂いで勉強した。中学高校時代は、先生から褒められたいという動機で、無理して優等生を演じた。大人になってからは、社会から認められたい一心で、自分の株を上げるためだけに働いた。

 それのどこがいけないのかと考える人がいるかもしれない。

 たとえ不純な動機や見せかけだけの言動でも、結果的に、誰かが喜び、人の役に立ち、自分の評価が上がるなら、それでいいじゃないかという意見もあるだろう。

 しかし、自分をよく見せるために他者の目を意識する生き方は、自分も他人も傷つけることになる。表面だけ取り繕ってもいつかボロが出る。メッキは必ず剥がれる。


 たとえば、人に褒められたくて立派な行いをする。立派な行いそのものは素晴らしい。しかし、立派な行いをする動機が、「主に喜ばれるため」「他者を愛するため」ではなく、「自分の欲や見栄」「自分の体裁を保つため」だとしたらどうだろう。

 もし、人が褒めてくれず、自分の計画が達成されなかった時、相手を憎む。他に褒められている人がいたらその人を妬む。あるいは、自分自身を責めたり傷つけはじめるかもしれない。


 40年以上の付き合いになる私の親友が、こんな言葉を送ってくれた。哲学の祖、ソクラテスの「無知の知」の考えだ。

 「この世界には、自分が知らないことが無限にある。自分の無知を常に確認するために、永遠に学び続ける姿勢が私たちには必要。傲り高ぶらないために。」


 年齢を重ね、社会的地位や経済的自由を手に入れると、人は高慢になる。上から目線で世間を見るようになったり、過去の栄光にしがみつき、威張って偉そうな態度をとりたがる。自分を上げて他者を下げようとすれば、そこで人間の成長は止まる。

 慢心によって身の破滅を招かないために、また、知恵と知識を持っておられるイエス様に従う者であるために、自分の無知を知り、常に学び続ける者でありたいと思う。


 形式だけ、口先だけのクリスチャンではなく、いつも主が喜ばれる行いを実践することによって、人々がその善行を見て「主」が褒め称えられる。けれども、偽善者は「自分」が褒め称えられたいという不純な動機に基づき行動する。このような偽善者の行いをまねてはいけない、とイエス様は語っておられる。


祈り:

 愛する天のお父様。聖書を通して私たちに真理を教えてくださり感謝します。地上では、病のため、迫害のため、天災のために、多くの人間が苦しみ、恐れを抱いています。どうぞ一人一人に必要な力を与えてください。慰めと励ましと助けを与えてください。恐れることなく、主を信頼して、今日の一日を歩ませてください。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。


閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

2024年2月16日 マタイの福音書28章

『イエス様の復活ーいつも共におられるイエス様』 イエス様が十字架上で息を引き取り、弟子のひとりのヨセフがイエス様の体を引き取り、きれいな亜麻布に包み、岩を掘って造った墓におさめ、そして墓の入り口に大きな石を転がしておきました(前章27章)。途方に暮れていたマグダラのマリアともう一人のマリアは、イエス様の遺体に油を塗るために石が塞いでいる墓のところまででかけて行きます。(1節) すると大きな地震が起

2024年2月15日 マタイの福音書27章

マタイの福音書27章では、受難週の金曜日のでき事が記されている。イエスが十字架に架けられる時に数人の人々がどのような態度をとったかが述べられている。それらの人々とは、ユダ、ピラト、群衆、兵士たち、百人隊長、そして、アリマタヤ出身のヨセフ達である。 なかでも、いつも心に思わされるのはイエスを裏切ったユダである。ユダはイエスさまを売り渡したことを後悔する。ユダは4節で、「私は無実の人の血を売って罪を犯

2024年2月14日 マタイの福音書26章

いよいよ主が十字架にかかる時が来た。イエスは、十字架にかけられてしまったのではない、自ら進んで十字架にかかったのだ。 今日は、22節のことばを心に留めたい。 「主よ、まさか私ではないでしょう。」 このことばは、「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ります。」(23)というイエスのことばに対する弟子たちの反応だ。 この一人とは、イスカリオテのユダのことを指している(25節)。ユダは、銀貨30枚でイエ

bottom of page