2021年8月2日 ディボーション

ヨブ記40章


『謙遜の学び』


 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があるのか。神のような声で雷鳴をとどろき渡らせるのか」(9)と。

 また神が第一の作品と呼ぶ河馬(ベヘモス)の目をつかんで、「これを捕らえられるか。罠にかけて、その鼻を突き通せるか。」(24)と問われる。神は主権者であり、ご自身の行動について人間に説明する必要などない。しかし、ヨブを愛する神は、答えることの出来ない質問を通して、ヨブに謙遜を学ばせておられる。


「あなたがたの言うことばは、『はい』は『はい』、『いいえ』は『いいえ』としなさい、それ以上のことは悪い者から出ているのです」(マタイ5:37)


 私自身、辛さに耐えかねて、なぜこのような試練があるのですか、と神に泣いて糾弾したことがある。それらの理由は未だにわからないし、今も同じ試練の中に暮らしている。しかし、分からなくても、神に信頼すること、すべてを委ねることを学んだ。傲慢になって神に「なぜ」と申し立てるのではなく、試練を通して、神が私に謙遜を教えてくださっている。如何なることも、「神がなさることは、すべて時にかなって美しい」(伝道書3:11)。なんという励ましだろう。


祈り:

神様、あなたのなさることに疑問を抱いてしまう時、その疑問に対する答えを求めるのではなく、謙遜になって、あなたの時を待つ私へと変えてください。

主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式

マタイ25章 「ですから、目を覚ましていなさい。その日、その時をあなたがたは知らないのですから。」13節 このみことばは、24章42節でも述べられている。私達への警告として二度も語られている大切なことである。つまり、イエス様は、主の再臨に備えての私達クリスチャンが生きるべき道についての教えを3つのたとえで語られている。 1つ目は、花婿を迎える時の10人の娘たちにたとえられている。ここでの花婿はイエ