top of page
  • hccnichigo

2021年8月12日 ディボーション

マタイの福音書8章 


「山上の教え」が終わり、イエスは山から下りて来られた。その教えに驚嘆していた大勢の群衆たちは、群がるようにしてイエスに従って行った。

 この8章と9章の中には、イエスの成された12の奇跡が記されている。奇跡とは、単に群衆の歓心を引くためのものではない。それはイエスこそ待ち望まれているメシヤであることを現わすためのものである。

 8章17節の「これは預言者イザヤを通して語られたことが成就するためであった。『彼は私たちのわずらいを担い、私たちの病を負った。』」の御言葉は、まさにその事を現わしている。


 マタイが最初の奇跡として記したのは、ツァラトに冒された人の癒しである。「私の心だ、きよくなれ」(3)がその始まりである。

 このイエスの心は、すべての奇跡の中に込められている。当時の法律によれば、ツァラトの人には触れてはいけない、近づいてはいけないのだ。それは感染を防ぐという意味もあったであろう。しかしイエスは大勢の人々の目の前で、この人に「手を伸ばして、彼に触った」(3)のだ。

 イエスは、その病をご自身の身に負った、ということを身をもって現わされた。イエスの心とは、まさに十字架の心、イザヤ53章に預言された「苦難のしもべ」の心なのだ。


 私たちは、奇跡の出来事はもちろんだが、それ以上に、その奇跡を起こしているイエスのお心に想いを向けていきたい。イエスは、どんなお心で、この奇跡をおこなったのだろうか。

 今も、イエスは私に向かって手を伸ばしてくださり、私の上に御手を置いてくださり、私に触れていてくださる。私の傷に、汚れに、弱さに、罪深さに、主の御手が置かれている。主の御手の温かさ、大きさ、柔らかさ、その御手から伝わってくる主の愛‥‥。

 今日もイエスのお心を受け取り、そのお心に生きていきたい。


祈り

 天の父なる神さま。主が今も、私の上に御手を置いてくださっていることを感謝します。その御手からあなたの愛が伝わってきます。どうか、あなたのお心の中に生きることができますように。弱き私を導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

2024年2月16日 マタイの福音書28章

『イエス様の復活ーいつも共におられるイエス様』 イエス様が十字架上で息を引き取り、弟子のひとりのヨセフがイエス様の体を引き取り、きれいな亜麻布に包み、岩を掘って造った墓におさめ、そして墓の入り口に大きな石を転がしておきました(前章27章)。途方に暮れていたマグダラのマリアともう一人のマリアは、イエス様の遺体に油を塗るために石が塞いでいる墓のところまででかけて行きます。(1節) すると大きな地震が起

2024年2月15日 マタイの福音書27章

マタイの福音書27章では、受難週の金曜日のでき事が記されている。イエスが十字架に架けられる時に数人の人々がどのような態度をとったかが述べられている。それらの人々とは、ユダ、ピラト、群衆、兵士たち、百人隊長、そして、アリマタヤ出身のヨセフ達である。 なかでも、いつも心に思わされるのはイエスを裏切ったユダである。ユダはイエスさまを売り渡したことを後悔する。ユダは4節で、「私は無実の人の血を売って罪を犯

2024年2月14日 マタイの福音書26章

いよいよ主が十字架にかかる時が来た。イエスは、十字架にかけられてしまったのではない、自ら進んで十字架にかかったのだ。 今日は、22節のことばを心に留めたい。 「主よ、まさか私ではないでしょう。」 このことばは、「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ります。」(23)というイエスのことばに対する弟子たちの反応だ。 この一人とは、イスカリオテのユダのことを指している(25節)。ユダは、銀貨30枚でイエ

Comments


bottom of page