2021年8月10日ディボーション

マタイ6章


『イエス様は最高の先生』


 たびたび聞く質問がある。

 「あなたにとって、イエス様はどのようなお方ですか?」


 今日、マタイ6章のイエス様の説教に耳を傾ける私には、イエス様は最高の先生として私の心に映っている。私に必要なことを教えてくださる最高の先生を、今この心に感じている。

 この章では「施し(あわれみの行為)」や「お祈り」、「断食のこと」や「宝の取り扱い方」などなど、日常生活(生き方)の具体的な教えに満ちている。とても実践的だ。


 特に、お祈りなんかは、私たちの信仰生活(このディボーションライフも!)には、決して欠かせない営み。私たちは、いつでも、どこでも、「神様!」とお祈りすることができる。

 でも、そんなお祈りでさえも、イエス様は、「ですから、あなたがたはこう祈りなさい。」(9節)と、私たちにお祈りを教えてくださる。イエス様は「わたしとともに父なる神に祈ろうではないか!」と言わんばかりに、私たちに祈りのことば(祈祷文)まで残してくれたのだ。本当にありがたい。この主の祈りを、2000年経った今も私たちは礼拝や日常生活、いつでも、どこでも、誰とでも、お祈りできる。


 私たち夫婦もこの1年くらいだろうか。恵みのうちに、主の祈りを一緒に祈る祝福を日々続けさせていただいている。大抵、私たち自身のお祈りの後に、主の祈りで閉じるわけだが、どんなに私たちの祈りが言葉足らずであっても、この最高の先生のお祈りは、しっかりその祈りを締めてくれる。


 信仰生活を何十年と送ってこられた信仰の先輩が、言っておられたことが印象に残っている。「私は今でも毎日、幾度とこの主の祈りを繰り返します。でも、どんなに祈っても色褪せない深みが、この祈りにはあるのです。主の祈りは本当に素晴らしいですね。」

 そのようなことを、笑顔でおっしゃっておられた。


イエス様、感謝します。あなたは最高の先生です。あなたが教えてくださった、そのことば一つ一つを深く味わい、あなたの御旨を生きることができますように。イエス様のお名前を通して、お祈りします。アーメン。


閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式