2021年7月6日ディボーション

ヨブ記13章


『神に対話を求める信仰』


黙れ。私に関わるな。この私が話す。私に何が降りかかってもかまわない。13節


 友人たちと対話を続けるヨブだが、この時とうとう、友に対して、その堪忍袋の緒が切れてしまった。友人たちは、自分のことではないから淡々と語る。しかし、当事者はヨブ。一番苦しくて辛いのは、ヨブだ。彼らはヨブにとって親しい友人かもしれない。しかし、もうこの時ばかりは、「もう聞きたくない。お願いだから何も言わないでくれ。」という当事者の叫びが伝わってくる。


 もちろんヨブほどではなくても、このようなことというのは、私たちも人間関係を生きていると、似たシチュエーションに直面することがあるだろう。それはヨブ側かもしれないし、もしかしたら良かれと口を突いてしまった言葉が、友人側のような失敗をしてしまうことさえ・・・あるかもしれない。


 ヨブは、そのような友人との対話の限界を迎えて、導かれた願いがあった。それは、友人たちの助言ではなく、神様そのものと論じ合うことだった。

けれども、この私は全能なる方に語りかけ、神と論じ合うことを願う。3節


 彼のその動機から、不思議にもこの友人ツォファルに対する返答は、この章の後半(20節〜)で、神様への訴えへと変化していく。ヨブはこの時、友をすり抜けて、神に心を向け、神に直接乞い願う。

あなたの手を私の上から遠ざけてください。あなたの恐ろしさで、おびえさせないでください。

 呼んでください。私が答えます。あるいは私に語らせ、あなたが返答してください。21〜22節


 いつの間にか、友との対話に疲れてしまい、神ご自身に答えを求めている自分がいた。友は変わらず近くにいただろう。しかし、関係ない。神様、私はあなたと対話がしたいのです。


 私たちには、目に見える横の人間関係と、目には見えない縦なる神様との関係、両方の関係がある。その両者の関係の中で、信仰者は時に葛藤を覚えながら、それでもがむしゃらに神を信仰する。


 それこそが、この世を生きる私たち信仰者のリアルな姿なのかもしれない。


天のお父様、

私がどんなに行き詰まり、倒れそうになっても、ヨブのようにがむしゃらにあなたに近づく信仰を、私にも与えてください。アーメン。

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ