2021年7月4日 ディボーション

ヨブ記11章


 ヨブの三人の友人の最後の一人であるナアマ人ツォファルが語った。彼は二人の友人の中でも一番ひどいことを言っている。

「ことば数が多ければ、言い返されないだろうか。人は唇で義とされるのだろうか。あなたの無駄話は、人を黙らせるだろうか。あなたが嘲るとき、あなたに恥を見させる者はいないのだろうか。」1節〜3節 

 ツォファルのことばはヨブに対してあまりにも批判的で、まるで上から目線で語っている。ヨブは決して、ことば数が多かったのではない。つまりおしゃべりではなかったのだ。

 ヨブのことばの中には神への礼拝もあったのである。


 語られたことは、三人の友人はあくまでもヨブがただ罪の為にこんな苦しいめにあっていることを主張するだけで、友人としてヨブの身になって共に祈ってあげられなかったことである。

 ヨブはそれを望んでいたのではないだろうか。神様は、ヨブに試練を与えられていると同時に

この三人の友人達の信仰も試されておられたのではなかったのだろうかと思わされた。それは、

まるで私達自身にも言えることではないだろうかと示された。


 私達も人が困難な苦しみの中にある時にヨブの三人の友人のようにではなく、困難な苦しみにある人と同じように苦しみを分かち合い、祈り合うように歩みたいものである。イエス様が石打の刑にある女の近くで、膝を落とされてかがんでおられる光景が思いだされる。その時、イエス様はご自身にも石が飛んでくることを覚悟の上でなされたことでしょう。それが他者を思いやる十字架のイエス様の愛である。


祈り

天の父なる神様。この世で生きていくということは大きな試練や困難な問題にぶつかることが

多々にあります。他者の苦しみは時として助けることができない場合もあります。その時は、

どうぞ、その苦しみを分かち合い祈ってあげることができますように導いてください。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ