top of page
  • HCCnichigo

2021年7月29日 ディボーション

ヨブ記36章


 いよいよヨブ記も佳境に入ってきた。38章でとうとう神ご自身が登場する。その前に、32章から37章の5章に亘って、エリフの言葉が記されている。

 彼の言葉と3人の友人との違いは、3人の友人がヨブを罪に定めることに焦点を当てているのに対して、エリフは神ご自身に焦点を当てている点にある。

 36章において「しばらく待て。あなたに示そう。まだ神のために言い分があるからだ。」(2)さらに、5節以降、「神は」という主語が続く。その内容は、神の義、神の全地全能である。

 後に3人の友人に対して、神は「わたしについて確かなことを語らなかった」(42:7)と言われているが、エリフは、その中に入っていない。


 3人の友人は、私たちの反面教師のように見えたが、このエリフは、大切なことを私たちに教えてくれる。

 私たちは、苦しみの中にある他者に関わるとき、神ご自身に想いの焦点を当てることが大切だということだ。不条理に対する答えを求めたり、まず結論ありきの論理で話したり、私たちは様々に考える。しかし、大切なのは、今ここにおられる神の臨在を見出すことだ。


 大切なのは神の臨在であって、一方的に「神についての正しい知識」を語ることではない、それもまた正しい教理の押し付けでしかない。3人の友人たちも「神」という言葉を多用しているが、それは「神についての知識」であって、「神ご自身」を示しているわけではない。

 神の臨在を見出すということは、今のこの時を生きる者たちの、その人生の物語の中に「神は」という主語を挿入することだ。「神について」ではなく、「神を」示すことなのだ。

 「あなたの行く道すべてにおいて、主を知れ。」(箴言3:6)


 私が他者と関わるとき、私の知識、経験、自分の常識よりも、ただ主の臨在を認めることができますようにと心から願う。そのような霊的な導きが出来るように、成長していきたいと心から願う。


祈り

 天の父なる神さま。私たちの霊の眼を開いてください、他者と関わるとき、そこに主の臨在を見出すことができますように。あなたは、すべての道におられるのですから。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page