2021年7月20日ディボーション

ヨブ記27章


『正しすぎてはならない』


 随分と長いこと、友人たちと議論を続けてきた。ずっと議論を続けていると、不思議なもので、いつの間にか自分の「確固たる主張」「折れることのできない思い」が、ますます際立ってくる。いや、そもそも議論(debate)とは、そういうことだ。


 ヨブもこの27章では、1節ヨブはさらに言い分を続けた。」と、友人ビルダデへの返答は、「言い分」と訳されている。直訳では「格言を取り上げて」という意味らしい。とにかく必死なのだ。格言を取り上げてでも、負けられない議論がここにある。


 ヨブによる、その「言い分」の中身とは、正直目を見張る。

私は、私の権利を取り去った神にかけて誓う。

 私のたましいを苦しめた全能者にかけて。2節

 そして、あくまでも、自分の潔白を主張して止めない彼の姿がここに浮き彫りにされるのだ。「自分は正しい」という確信が束縛のように、彼を苦しめ、神に対しては怒りにも似た嘆きしか出てこない。


 あれ・・・でもヨブ、これって、ちょっとおかしくないか・・・?

私は息絶えるまで、

 自分の誠実さをこの身から離さない。

 私は自分の義を堅く保って手放さない。

 私の良心は生涯私を責めはしない。5〜6節


 自分、自分、私、・・・繰り返される議論の渦に呑み込まれて、いつの間にか、自分で自分を正しく認めようと躍起になっているではないか。自分で自分の正しさにしがみつこうとしているではないか。

 ここまでのヨブの歩みを見ていたら、こうなってしまう気持ちもそりゃ分かる。でも、こうして自分の言い分を続けるヨブ、これも苦しいに決まってる。


 1冊の本を思い出した。それは高橋秀典先生の『正しすぎてはならない』という伝道者の書の翻訳と解説の本だ。そうだった。あの知恵の書に記されていた。

あなたは正しすぎてはならない。伝道者の書7章16節


天のお父様

自分の正しさ、自分の主張は、エスカレートすればするほど、自分を苦しめます。そのような中、たとえ理解不能に陥っても、「私」ではなく「あなたの真実」、「あなたの義」、「あなたの心」にすがる信頼を私に与えてください。そして、自分自身を苦しめる躍起な思いから私を遠ざけ、私のすべてを守って導いていてください。アーメン。

閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ