2021年7月2日 ディボーション

ヨブ記9章


 ヨブは、答える「その通りであること、私は確かに知っている」(2)。つまり、神は絶対的に正しいということを知っているというのだ。

 ヨブは、測り知れない神の偉大さを告白する。「大いなることをなさって測り知れず、その奇しいみわざは数え切れない。」(10)

 そして言う「たとえ私が正しくても、私自身の口が私を不義に定める。たとえ私が誠実でも、神は私を曲がった者とされる。私は誠実だ、しかし私には自分が分からない。」(20、21) 

 ヨブは、神は正しく罪を罰せられる方だと分かっている。しかし、自分には、罪はないと思っている。その罪なき正しい者を、神は罪ある者とする、ということを言っているのだ。これがヨブの苦悩だ。

 この罪の罰としてこの苦難を受けていると、その原因が分かった方がよほど楽なのだと思う。

 神は正しい、罪を罰する神だ。しかし、私には罪はない。にもかかわらず私は苦難にあっている。それはなぜか? 神は正しい者を、無理矢理に罪ある者とするのか‥‥。

 「私には、自分が分からない」と、ヨブは大混乱している。論理の整合性がつかないからだ。矛盾しているからだ。この矛盾を解くカギは、どこにあるのか?


 ヨブは、この9章において、ヨブ記の一つの頂きと呼べる言葉を述べている。(ヨブ記は、山脈のように幾つかの頂きがある。19章25節も一つの頂だ。そして最後に最高峰に達する。)

 それは「私たち二人の上に手を置く仲裁者が、私たちの間にはいません」(33)という言葉である。

「仲裁者がいない」これが、ヨブの大混乱、苦悩に陥る原因なのだ。仲裁者とは、イエス・キリストのことである。

神は、唯一です。神と人との間の仲介者(仲裁者)も、唯一であり、それは人としてのイエス・キリストです。」(1テモテ2:5)

 先日のブログを読み返していただきたい、仲裁者(イエス・キリスト)によって、苦難、矛盾、不条理が解決されるのだ。


「仲裁者がいない」これは、とてつもなく重たい言葉だ。でも私は「仲裁者いる」という信仰に生かされている。どちらの言葉に生きるかで、その人生はまったく違ったものになるだろう。

 私には、イエス・キリストという仲裁者がおられる。この恵みに生かされていることを心から感謝したい。


祈り

 天の父なる神さま。私には、仲裁者であるイエスさまがおられます。この事がどれだけの恵みであるか、もしあなたがおられなければ、私はいまだに矛盾と不条理の泥沼にはまっていることでしょう。この泥沼から救い出してくださったことを感謝します。これからもイエスさま、あなたと共に歩んでいきます。感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ