top of page
  • hccnichigo

2021年7月2日 ディボーション

ヨブ記9章


 ヨブは、答える「その通りであること、私は確かに知っている」(2)。つまり、神は絶対的に正しいということを知っているというのだ。

 ヨブは、測り知れない神の偉大さを告白する。「大いなることをなさって測り知れず、その奇しいみわざは数え切れない。」(10)

 そして言う「たとえ私が正しくても、私自身の口が私を不義に定める。たとえ私が誠実でも、神は私を曲がった者とされる。私は誠実だ、しかし私には自分が分からない。」(20、21) 

 ヨブは、神は正しく罪を罰せられる方だと分かっている。しかし、自分には、罪はないと思っている。その罪なき正しい者を、神は罪ある者とする、ということを言っているのだ。これがヨブの苦悩だ。

 この罪の罰としてこの苦難を受けていると、その原因が分かった方がよほど楽なのだと思う。

 神は正しい、罪を罰する神だ。しかし、私には罪はない。にもかかわらず私は苦難にあっている。それはなぜか? 神は正しい者を、無理矢理に罪ある者とするのか‥‥。

 「私には、自分が分からない」と、ヨブは大混乱している。論理の整合性がつかないからだ。矛盾しているからだ。この矛盾を解くカギは、どこにあるのか?


 ヨブは、この9章において、ヨブ記の一つの頂きと呼べる言葉を述べている。(ヨブ記は、山脈のように幾つかの頂きがある。19章25節も一つの頂だ。そして最後に最高峰に達する。)

 それは「私たち二人の上に手を置く仲裁者が、私たちの間にはいません」(33)という言葉である。

「仲裁者がいない」これが、ヨブの大混乱、苦悩に陥る原因なのだ。仲裁者とは、イエス・キリストのことである。

神は、唯一です。神と人との間の仲介者(仲裁者)も、唯一であり、それは人としてのイエス・キリストです。」(1テモテ2:5)

 先日のブログを読み返していただきたい、仲裁者(イエス・キリスト)によって、苦難、矛盾、不条理が解決されるのだ。


「仲裁者がいない」これは、とてつもなく重たい言葉だ。でも私は「仲裁者いる」という信仰に生かされている。どちらの言葉に生きるかで、その人生はまったく違ったものになるだろう。

 私には、イエス・キリストという仲裁者がおられる。この恵みに生かされていることを心から感謝したい。


祈り

 天の父なる神さま。私には、仲裁者であるイエスさまがおられます。この事がどれだけの恵みであるか、もしあなたがおられなければ、私はいまだに矛盾と不条理の泥沼にはまっていることでしょう。この泥沼から救い出してくださったことを感謝します。これからもイエスさま、あなたと共に歩んでいきます。感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page