2021年6 月18日 デヴォーション

ヨハネの黙示録17章


 17章には、「大淫婦」「大バビロン」と呼ばれる反キリストの勢力について記されている。

 この世においては権力があり、7人の王、10人の王が登場します。これらは強大な権力を持ち、人々を真の神から引き離そうとします。

 しかし、14節には「彼らは子羊に戦いを挑みますが、子羊は彼らに打ち勝ちます。子羊は主の主、王の王だからです。」と記されています。

 ここではあえて、主の主、王の王であるお方を、「子羊」と呼んでいます。「子羊」とは、小さく弱い存在です。しかし、この世の権力を誇る勢力に対して、勝利したのは「子羊」なのです。

 私たちは、ここで真の勝利者について学ぶことが出来ると思います。「子羊と共にいる者たち」(14節)とあります。「子羊」と共にいる者たちが、その勝利にあずかるのです。


「子羊」とは、犠牲の供え物です。それは、十字架に架かられたイエスのことです。十字架とは、神の勝利のしるしなのです。

子羊と共にいる者たち」とは、イエスの十字架を、「私のためである」と信じる者たちです。

 大淫婦、大バビロンは、私たちの罪を告発し、迫害し、脅かします。あるいは、富と性の誘惑を通して罪の奴隷にしようとします。アメとムチを使って、何とか私たちに悪魔に対して膝をかがめさせようとします。しかし、私たちは「子羊と共にいる者たち」として勝利するのです。


 この章を読んで、改めて、主の十字架の元に居続けることの大切さを学びました。聖歌396番「十字架のかげを いかで離れん 御国の門に いる日までは おらせたまえ この身を主よ 十字架のかげに とこしえまで」と歌われていますが、まさに十字架のかげにいる「子羊と共にいる」自分でありたいと思いました。



祈り

 天の父なる神さま。私たちの勝利は、イエスの十字架にあります。私が「子羊と共にいる者」として、これからも歩むことができますように。そして悪魔の力に打ち勝つことができますように導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を