top of page
  • hccnichigo

2021年6 月18日 デヴォーション

ヨハネの黙示録17章


 17章には、「大淫婦」「大バビロン」と呼ばれる反キリストの勢力について記されている。

 この世においては権力があり、7人の王、10人の王が登場します。これらは強大な権力を持ち、人々を真の神から引き離そうとします。

 しかし、14節には「彼らは子羊に戦いを挑みますが、子羊は彼らに打ち勝ちます。子羊は主の主、王の王だからです。」と記されています。

 ここではあえて、主の主、王の王であるお方を、「子羊」と呼んでいます。「子羊」とは、小さく弱い存在です。しかし、この世の権力を誇る勢力に対して、勝利したのは「子羊」なのです。

 私たちは、ここで真の勝利者について学ぶことが出来ると思います。「子羊と共にいる者たち」(14節)とあります。「子羊」と共にいる者たちが、その勝利にあずかるのです。


「子羊」とは、犠牲の供え物です。それは、十字架に架かられたイエスのことです。十字架とは、神の勝利のしるしなのです。

子羊と共にいる者たち」とは、イエスの十字架を、「私のためである」と信じる者たちです。

 大淫婦、大バビロンは、私たちの罪を告発し、迫害し、脅かします。あるいは、富と性の誘惑を通して罪の奴隷にしようとします。アメとムチを使って、何とか私たちに悪魔に対して膝をかがめさせようとします。しかし、私たちは「子羊と共にいる者たち」として勝利するのです。


 この章を読んで、改めて、主の十字架の元に居続けることの大切さを学びました。聖歌396番「十字架のかげを いかで離れん 御国の門に いる日までは おらせたまえ この身を主よ 十字架のかげに とこしえまで」と歌われていますが、まさに十字架のかげにいる「子羊と共にいる」自分でありたいと思いました。



祈り

 天の父なる神さま。私たちの勝利は、イエスの十字架にあります。私が「子羊と共にいる者」として、これからも歩むことができますように。そして悪魔の力に打ち勝つことができますように導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

コメント


bottom of page