2021年6 月14日 ディボーション

ヨハネの黙示録 13章


『命の書』


 必要悪と言う言葉がある。悪に良いも悪いも無い。悪いものは悪い。しかしその悪の行いにも期限がある。

 このヨハネの黙示録が書かれた時代はローマ皇帝が牛耳る時代。主を信じる者たちは迫害を受けていた。そんな悪の象徴が獣(ローマ皇帝)と竜(サタン)で表現されている。頭が打たれても再生するような獣。到底人間が太刀打ちできる事ではない。しかしそれらも主の管轄内。

「この獣には、大言壮語して冒涜の言葉を語る口が与えられ、四二ヶ月の間、活動する権利が与えられた」(5節)とある。

(たいげんそうご:大袈裟で威勢がいいこと。口では大きなことを言っても実行が伴わないこと。)

 主が私たちの歩む道を示してくださり、共に歩むことを信仰告白して光の子となった私たち。しかし当時のローマのように正しいことを言うものを嫌い、自分たちに強制的に服従させよう、また密かに服従するような道を敷く君主がいる。

しかし主はこう言って私たちの暗い生活に光を与えてくださる。


 「地に住む者たちで、世界の基が据えられたときから、屠られた子羊のいのちの書にその名が書き記されていない者はみな、この獣を拝むようになる。

 耳のある者は聞きなさい。

 捕らわれの身になるべき者は捕われ、剣で殺されるべき者は剣で殺される。

ここに、聖徒たちの忍耐と信仰が必要である。」(8〜10節)


 どんな悪の行いも3年半しか許されない。それは主がそう決めたから。(5節)

 主がおしゃった事を心に刻み、信じて、世の悪に流されず、挫けず、心折られる事なく、いのちの書に名が書き記された者として今日も歩んで行きたい。


●祈り:

天の父なる神様。信仰によって貴方の子供として、いのちの書に名を記してくださりありがとうございます。貴方に私の名前が消されぬよう教えに忠実に従います。たとえ世の悪が私に及んでも、怯む事なく立ち向かう力と知恵を与えてください。

感謝して、イエス様の御前にお捧げいたします。アーメン。

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を