2021年6 月13日 デヴォーション

ヨハネ黙示録12章


1節~6節は、イエス・キリストの誕生にまつわる出来事の描写が記されている。


 1節「一人の女」とは、イスラエルのことで、直接的にはイエスの母マリヤのこと。

 3節「炎のように赤い大きな竜」とは、悪魔のこと。

 4節「天の星の三分の一」とは、悪魔が天使の三分の一を地上に投げ落としたと 

   いうこと。この投げ落とされた元天使が悪霊と呼ばれる存在。

 5節 「この子」とは、イエス・キリストのこと。

 6節 イエスは、ヘロデ王の虐殺から逃れるためにヨセフとマリヤに連れられたエジプト     

に避難したこと。

            

 7節~9節は、竜と呼ばれる悪魔が地に投げ落とされたことが言われている。

 整理すると、もともと悪魔は、神の近くにいた天使であった。しかし、神に反逆して堕天使となり、三分の一の天使を味方にして、まず先にその元天使(悪霊)をこの地に送った。

 この時には、悪魔は、「空中の権威を持つ支配者」(エペソ2:2)と呼ばれているように、天と地の空間に居たようだ。

 しかし、黙示録のこの時に、悪魔は、その空中から地に投げ落とされた。12節には、「天とそこに住む者たちよ、喜べ。しかし、地と海は災いだ。悪魔が自分の時が短いことを知って激しく憤り、おまえたちの所に下ったからだ。」と記されている。


 10節、11節で、悪魔は「告発者」であると記されている。これが悪魔の特徴だ。悪魔は、私たちの罪を知っているようだ。手下の悪霊が一人一人の罪状を記録しているのかもしれない。余計なお世話だといいたいが、先方は、告発する理由を躍起になって探しているのだろう。いずれにしても、ある事、ない事合わせて、私たちを告発するのが悪魔の仕事なのだ。

 私自身は、その告発に耐えられるだろうか。これまでの人生のすべての罪が告発されたらお手上げだ。

 しかし、その告発内容がたとえ事実であったとしても、御言葉には「子羊の血と、自分たちの証しの言葉のゆえに竜に打ち勝った」と記されている。

 私の罪は、イエスの十字架の血によって清められ、雪よりも白くされたのだ。でもそれだけではい、その事を信じる「証しの言葉」が大事なのだと思わされた。

 今日も、確信をもって「告白、宣言」したい。「私の罪は、イエスの十字架の血によって清められたのだ。」と。この証しを言葉にすることが、とても大事なことだと思わされた。



祈り

 天の父なる神さま。告発者である悪魔が、どんな告発をしようとも、私たちは、十字架の血によって罪が清められたことを宣言します。悪魔の告発に負けないで、確信をもって信仰を告白し宣言することができますように、勝利者として歩めますように、どうぞ助け導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を