2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章


 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節)


 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。

 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。


主は、ある人たちが遅れていると思っているように、約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」ペテロの手紙第二 3章 9節 


 私たちが活かされている今の時代は、時が延ばされている中にあるのです。サッカーの試合で言うなら、ロスタイムです。いつ試合終了の笛が鳴ってもおかしくない状況です。

 主が、あえて笛をならさず、時を延ばしているのは、すべての人が悔い改めるのを待っているからです。主の御心は、「一人も滅びない」(ヨハネ3:16)ことです。


 しかし、この7節には、次のように記されています。


第七のみ使いが吹こうとしているラッパの音が響くその日に、神の奥義は、神がご自分のしもべである預言者たちに告げた通りに実現する。」(7節


 延ばされていた時が終わり、ついに御心が実現する時が来るのです。


 私たちは今、聖霊が働かれ、福音が語られ、イエスを信じることが出来る時代にいます。今は、恵みの時代なのです。この時代だからこそ、私たちは福音を信じることが出来るし、また伝えることが出来るのです。

 やがて、必ず第七のラッパが吹き鳴らされる時がきます。その時までに、一言でも多く福音を語り、一人でも多くに福音を届けることができるように励んでいきたいと心から願います。


祈り


 天の父なる神さま。時が延ばされている今の時代にあって、私たちはイエスの福音を伝えるという使命を全うすることができますように。そのために、与えられたタラントを十分に活かして用いることができますように。どうか私たちを福音の使者として用いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン



閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を