top of page
  • hccnichigo

2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章


 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節)


 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。

 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。


主は、ある人たちが遅れていると思っているように、約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」ペテロの手紙第二 3章 9節 


 私たちが活かされている今の時代は、時が延ばされている中にあるのです。サッカーの試合で言うなら、ロスタイムです。いつ試合終了の笛が鳴ってもおかしくない状況です。

 主が、あえて笛をならさず、時を延ばしているのは、すべての人が悔い改めるのを待っているからです。主の御心は、「一人も滅びない」(ヨハネ3:16)ことです。


 しかし、この7節には、次のように記されています。


第七のみ使いが吹こうとしているラッパの音が響くその日に、神の奥義は、神がご自分のしもべである預言者たちに告げた通りに実現する。」(7節


 延ばされていた時が終わり、ついに御心が実現する時が来るのです。


 私たちは今、聖霊が働かれ、福音が語られ、イエスを信じることが出来る時代にいます。今は、恵みの時代なのです。この時代だからこそ、私たちは福音を信じることが出来るし、また伝えることが出来るのです。

 やがて、必ず第七のラッパが吹き鳴らされる時がきます。その時までに、一言でも多く福音を語り、一人でも多くに福音を届けることができるように励んでいきたいと心から願います。


祈り


 天の父なる神さま。時が延ばされている今の時代にあって、私たちはイエスの福音を伝えるという使命を全うすることができますように。そのために、与えられたタラントを十分に活かして用いることができますように。どうか私たちを福音の使者として用いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

Comments


bottom of page