2021年6 月10日 ディボーション

ヨハネの黙示録 9章


『額に神の印を持つ者』


 高校3年の夏休み。住む家がなくなった時、「こんなのが人生のどん底というのか‥‥」と思っていた。しかし、本当はそんな簡単な事ではない事を学んだ。

 9章では8章に続く、7つ目の封印に出てくる7人の御使いがラッパを吹いたらどうなるかが示されている。今回は5、6のラッパ。

 特に6つ目のラッパを御使いが吹いたら、一つの星が天から地に落ちて(隕石落下のような感じか?)その星には、底知れる所に通じる穴の鍵が与えられたとある。星はサタンを象徴するらしい。そしてその穴の中にいるのは悪霊。


 ルカの福音書にも登場する。

「悪霊どもはイエスに、底知れぬ所に行けと自分たちにお命じにならないようにと懇願した」(ルカによる福音書 8章31節)


 穴を開くと煙に、イナゴが出てきた。このイナゴ、サソリのようなイナゴらしい。想像しただけでも痛そう‥‥。イナゴと言えばエジプト脱出の話に出てくるイナゴの話。穀物を食い荒らす。しかし、このイナゴは神様に草や木に害を与てはいけない。そして額に神の印を持たない人たちには害を加えて良い、と言われている。

 患難の中にもまだ神様が私たちに悔い改めのチャンスを下さることが、この章から示された。

 神様は最後の最後まで私たちを見捨てない。

 今の時代、イナゴはコロナウイルスに値するのだろうか? 患難を通して、主はいつも私たちに気づきを与えてくださる。

 そして主を信じて神の教えに歩む光の子として生きることを望まれる。

 灰の水曜日には灰で十字架を額に書く。そんな印なのだろうか?きっと天国に行くと浮き出る神様の印なのだろう。

 私は天国に着いた時に、その印が浮き上がるように主の教えにしがみつきたい。


●祈り

天のお父様。すぐに肉の思いに走る私ですが、患難を通していつも気づきを与えてくださりありがとうございます。そして、一人でも多く、額にあなたの印を受ける人が増えるよう伝道したいです。そのために、どうぞ私に知恵と勇気をお与えください。

イエス様のお名前を通して、感謝してお捧げいたします。アーメン。



閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を