• HCCnichigo

2021年6 月10日 ディボーション

ヨハネの黙示録 9章


『額に神の印を持つ者』


 高校3年の夏休み。住む家がなくなった時、「こんなのが人生のどん底というのか‥‥」と思っていた。しかし、本当はそんな簡単な事ではない事を学んだ。

 9章では8章に続く、7つ目の封印に出てくる7人の御使いがラッパを吹いたらどうなるかが示されている。今回は5、6のラッパ。

 特に6つ目のラッパを御使いが吹いたら、一つの星が天から地に落ちて(隕石落下のような感じか?)その星には、底知れる所に通じる穴の鍵が与えられたとある。星はサタンを象徴するらしい。そしてその穴の中にいるのは悪霊。


 ルカの福音書にも登場する。

「悪霊どもはイエスに、底知れぬ所に行けと自分たちにお命じにならないようにと懇願した」(ルカによる福音書 8章31節)


 穴を開くと煙に、イナゴが出てきた。このイナゴ、サソリのようなイナゴらしい。想像しただけでも痛そう‥‥。イナゴと言えばエジプト脱出の話に出てくるイナゴの話。穀物を食い荒らす。しかし、このイナゴは神様に草や木に害を与てはいけない。そして額に神の印を持たない人たちには害を加えて良い、と言われている。

 患難の中にもまだ神様が私たちに悔い改めのチャンスを下さることが、この章から示された。

 神様は最後の最後まで私たちを見捨てない。

 今の時代、イナゴはコロナウイルスに値するのだろうか? 患難を通して、主はいつも私たちに気づきを与えてくださる。

 そして主を信じて神の教えに歩む光の子として生きることを望まれる。

 灰の水曜日には灰で十字架を額に書く。そんな印なのだろうか?きっと天国に行くと浮き出る神様の印なのだろう。

 私は天国に着いた時に、その印が浮き上がるように主の教えにしがみつきたい。


●祈り

天のお父様。すぐに肉の思いに走る私ですが、患難を通していつも気づきを与えてくださりありがとうございます。そして、一人でも多く、額にあなたの印を受ける人が増えるよう伝道したいです。そのために、どうぞ私に知恵と勇気をお与えください。

イエス様のお名前を通して、感謝してお捧げいたします。アーメン。



18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6 月13日 デヴォーション

ヨハネ黙示録12章 1節~6節は、イエス・キリストの誕生にまつわる出来事の描写が記されている。 1節「一人の女」とは、イスラエルのことで、直接的にはイエスの母マリヤのこと。 3節「炎のように赤い大きな竜」とは、悪魔のこと。 4節「天の星の三分の一」とは、悪魔が天使の三分の一を地上に投げ落としたと いうこと。この投げ落とされた元天使が悪霊と呼ばれる存在。 5節 「この子」とは、イエス・キリストのこと

2021年6月12日 デヴォーション

ヨハネの黙示録 11章 『第七のラッパ、この世の国はキリストのものとなった』 ●学んだこと: 2年前、チャーチのデボーションで黙示録を通読して、失敗したことがある。読んでもチンプンカンプンで、手引書や解説書を読みあさり、袋小路にはまってヘトヘトになった。日本に帰った時に書店で、小畑進氏の『ヨハネの黙示録講録』というのを見つけ、立ち読みして瞠目した。黙示録の、なんと一節ごとの説教集だったのだ。例えば

2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節) 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。 「主は、ある人た