• HCCnichigo

2021年6月8日 ディボーション

黙示録7章

『慈しみと優しさに満ちたお方』

 ヨハネは見たのだ。

 すべての国民、部族、民族、言語から、だれも数えきれないほどの大勢の群衆が神の御座の前に立つのを。

 その人たちとは、大きな患難を経てきた者たち、イエス様の十字架の血潮によって罪赦され、その衣を洗われ、白くされた者たちである。これは大患難時代、また特定の殉教者たちとよく解釈される箇所だが、兎にも角にも長老はヨハネにこう言った。

「この人たちは大きな患難を経てきた者たちで、その衣を洗い、子羊の血で白くしたのです。」14節

 そして、「それゆえ、彼らは…」と慰めのみことばへとつながっていく。

 どんなに大きな患難をこの地上で通されても、やがて天に希望があることをこの章は教えてくれる。その日には、イエス様の十字架の血潮によって白い衣を着せていただける。かつて子ろばに乗った、まことの王イエス様がエルサレムを入城された日のように、その日には、あらゆる国民が手になつめ椰子の枝を持って、主を大声でほめたたえる。

 もう飢えることもない。渇くこともない。

 太陽やどんな炎熱からも守られる。

 大牧者、最高の羊飼い、イエス様が一人一人に最高のケア(牧会)をしてくださる。

イエス様の慈しみと優しさを感謝します。アーメン。

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6 月13日 デヴォーション

ヨハネ黙示録12章 1節~6節は、イエス・キリストの誕生にまつわる出来事の描写が記されている。 1節「一人の女」とは、イスラエルのことで、直接的にはイエスの母マリヤのこと。 3節「炎のように赤い大きな竜」とは、悪魔のこと。 4節「天の星の三分の一」とは、悪魔が天使の三分の一を地上に投げ落としたと いうこと。この投げ落とされた元天使が悪霊と呼ばれる存在。 5節 「この子」とは、イエス・キリストのこと

2021年6月12日 デヴォーション

ヨハネの黙示録 11章 『第七のラッパ、この世の国はキリストのものとなった』 ●学んだこと: 2年前、チャーチのデボーションで黙示録を通読して、失敗したことがある。読んでもチンプンカンプンで、手引書や解説書を読みあさり、袋小路にはまってヘトヘトになった。日本に帰った時に書店で、小畑進氏の『ヨハネの黙示録講録』というのを見つけ、立ち読みして瞠目した。黙示録の、なんと一節ごとの説教集だったのだ。例えば

2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節) 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。 「主は、ある人た