top of page
  • hccnichigo

2021年6月8日 ディボーション

黙示録7章


『慈しみと優しさに満ちたお方』


 ヨハネは見たのだ。

 すべての国民、部族、民族、言語から、だれも数えきれないほどの大勢の群衆が神の御座の前に立つのを。

 その人たちとは、大きな患難を経てきた者たち、イエス様の十字架の血潮によって罪赦され、その衣を洗われ、白くされた者たちである。これは大患難時代、また特定の殉教者たちとよく解釈される箇所だが、兎にも角にも長老はヨハネにこう言った。

「この人たちは大きな患難を経てきた者たちで、その衣を洗い、子羊の血で白くしたのです。」14節


 そして、「それゆえ、彼らは…」と慰めのみことばへとつながっていく。


 どんなに大きな患難をこの地上で通されても、やがて天に希望があることをこの章は教えてくれる。その日には、イエス様の十字架の血潮によって白い衣を着せていただける。かつて子ろばに乗った、まことの王イエス様がエルサレムを入城された日のように、その日には、あらゆる国民が手になつめ椰子の枝を持って、主を大声でほめたたえる。


 もう飢えることもない。渇くこともない。

 太陽やどんな炎熱からも守られる。

 大牧者、最高の羊飼い、イエス様が一人一人に最高のケア(牧会)をしてくださる。


イエス様の慈しみと優しさを感謝します。アーメン。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

Commentaires


bottom of page