• HCCnichigo

2021年6月6日 デヴォーション

ヨハネの黙示録5章


 黙示録5章には、7つの封印が出てきます。その封印を解くのは、イエス・キリストだけであることが書かれています。

 この後、6章から、7つの封印、7つのラッパ、7つの鉢と続きますが、それが大患難時代の描写になります。


 3節しかし、天でも地でも地の下でも、だれ一人その巻物を開くことのできる者、見ることのできる者はなかった

 5節すると長老の一人が言った、泣いてはいけません、ご覧なさい。ユダ族から出た獅子、ダビデの根が勝利したので、彼がその巻物を開き、7つの封印を解くことができます。』」

 この「ユダ族の獅子、ダビデの根」とは、イエス・キリストのことです。


 9節からの賛美にある「あなたは、巻物を受け取り、封印を解くのにふさわしい方です。」も、イエス・キリストのことです。そしてイエスへの大賛美が続きます。


 ここで一つ学びたいことは、キリスト教界の中で、黙示録の解釈については、決しては一致した見解があるわけではありません。この艱難時代に入る前にクリスチャンは携挙されるという説と、艱難時代の後に携挙される説と、他にもいくつかの説があります。

 キリスト教会の約2千年の歴史をもってしても確かだと言える見解がないということは、それが答えだということです。つまり、私たちには、終末に関して、一部は知らされているが、すべてが明らかにされているわけではないということです。私たちには、隠されている部分があるということです。


 6章から実際に艱難時代の様子が描かれ始めますが、その前の5章では、封印を解くのは、イエス・キリストだけであるということが強調されています。私たちには、封印は解けないのです。すべてをご存知なのは、イエスだけなのです。


 確かなのは、主は再び来られるということです。大切なことは、主に再び会う備えをすることです。

 私たちにとって、最もふさわしい、主をお迎えする備えは、5章にあるイエスへの大讃美をもってお迎えすることです。主の再臨の日は誰にも分かりません。だからこそ、いつでも、今この時でも、主を賛美する者でありたいと願います。



祈り


 天の父なる神さま。主は、再び来られる。それが私たちの希望です。主に再び会う備えとして、私たちがいつも、あなたを賛美しているものでありますように。私たちの賛美の中に、主をお迎えすることが出来ますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン 

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6 月13日 デヴォーション

ヨハネ黙示録12章 1節~6節は、イエス・キリストの誕生にまつわる出来事の描写が記されている。 1節「一人の女」とは、イスラエルのことで、直接的にはイエスの母マリヤのこと。 3節「炎のように赤い大きな竜」とは、悪魔のこと。 4節「天の星の三分の一」とは、悪魔が天使の三分の一を地上に投げ落としたと いうこと。この投げ落とされた元天使が悪霊と呼ばれる存在。 5節 「この子」とは、イエス・キリストのこと

2021年6月12日 デヴォーション

ヨハネの黙示録 11章 『第七のラッパ、この世の国はキリストのものとなった』 ●学んだこと: 2年前、チャーチのデボーションで黙示録を通読して、失敗したことがある。読んでもチンプンカンプンで、手引書や解説書を読みあさり、袋小路にはまってヘトヘトになった。日本に帰った時に書店で、小畑進氏の『ヨハネの黙示録講録』というのを見つけ、立ち読みして瞠目した。黙示録の、なんと一節ごとの説教集だったのだ。例えば

2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節) 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。 「主は、ある人た