2021年6月5日 ディボーション


ヨハネの黙示録4章


『天の礼拝を見る!』


●学んだこと:


 この章では、天の御国ではどんな礼拝が行われているのかが、詳細に描かれている。まず、びっくりしたのが1節。

「すると見よ、開かれた門が天にあった」 

 今まで門は閉じられていて、それが開かれたのだろう。つまり私たちは、聞いた信仰ではなくて見た信仰で、閉ざされた信仰ではなく、開かれた門から入っていける信仰で、神の栄光を仰ぎ見ることが許されたということだ。聞く預言から、見る黙示へ‥‥すごい発展だ。

 2節では、中心に玉座があり、神さまがおられた! 神さまの描写は、美しい宝石や虹で著されている。彩度、明度、光度、どれもがこの上なく最高の、創造主にふさわしい輝きだ。

 玉座の周りは白い衣と金の冠の長老が24人。そして稲妻と轟音と雷鳴、七つのともしびが燃えている。霊的エネルギーが充満しているのだ。

 玉座の前には水晶のような透明な海ー。森羅万象の全てを支配されている神さまを崇めるにふさわしい万物のただ中におられる。聖なる絶景。

 その周囲には不思議な動物もいる。昼も夜も絶え間なく賛美しているという。”聖なる、聖なる、聖なるかな”、私たちのあの賛美と同じHolyを繰り返しながら。

「昔おられ、今もおられ、やがて来られる方」8節 

 アーメン、なんという恵、平安! 長老たちは感謝を込め、ひれ伏して礼拝する。すべてを捧げ、喜びに満ちて賛美している。ハレルヤ!

 worshipの語源がworth-shipであるように、私も心の限り神さまを礼拝できる者でありたいと学んだ。



●祈り:


神の聖所で神をほめたたえよ。御力の大空で神をほめたたえよ。

息のあるものはみな主をほめたたえよ。

詩篇のいちばん最後の御言葉で祈ります。

神さま、あなたを崇めひれ伏します。天の御国の礼拝を黙示してくださってありがとうございます。門を開いてくださってありがとうございます。

礼拝をもっと大切にします。もっと私を捧げて賛美します。

イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:46回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を