2021年6月29日ディボーション

ヨブ記6章


『神が望むままに…』


 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。

 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。


 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。

2節「ああ、私の苦悶の重さが量られ、私の破滅が、ともに秤にかけられたらよいのに。…」


 神を知っているがゆえの「どうして?」「なぜ?」という疑問は、現代も信仰者をついて止まない。時として、私たちだって近しい人とヨブと友人たちのように、「どうしてだろう?」と問うてしまっては、そのドツボにはまってしまうことだってあるかもしれない。


 苦難のただ中で、ヨブの口からこの時に出た答えには心を打たれる。


「ああ、私の願いがかなえられ、私が望むものを神が下さるとよいのに。

 神が望むままに私を砕き、御手を伸ばして私を絶たれるのであれば、

 それはなおも私にとって慰めであり、容赦ない激痛の中でも、私は小躍りして喜ぶ。

 私は聖なる方のことばを、拒んだことはない。」8〜10節


ああ、私の願いがかなえられ、…」というヨブの声は、信仰を持つ者としての痛切な神への願いだ。しかし、そのあと、彼は「神が望むままに私を砕き、…」と語り出す。この状況、この現実であっても、これが神の主権のもとにあることなら、それは「容赦ない激痛の中でも、私は小躍りして喜ぶ。」と彼は答える。

「激痛の中でも喜ぶ」これは一見矛盾しているように思うが真理である。


 なぜなら、主イエス・キリストの十字架こそ、まさにそれであるからだ。


主よ、私自身もこの道で、この真理にある主の道を知り得て歩むことができるように、この者を導いてください。主よ、あなたなしにはできません。私を強め導いてください。アーメン。

閲覧数:53回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ