2021年6月26日 ディボーション

ヨブ記3章


『呪わずに、祈っていたならば?』


●学んだこと


 ヨブ記1章で、主はサタンをも支配していることを確認した。でもなぜ、主はサタンに対し、ヨブに災難を起こさせることを許可したのだろうか。

「〜神に対して愚痴をこぼすようなことはしなかった。」(1:22)

 愚痴らないヨブは清さを守ろうと必死だ。でもヤセ我慢せずに、主に対して最初っから「なにゆえですか? 御心を教えてください」と、直訴しても良かったのではないだろうか。

 2章でも、理不尽な試練が襲う。からだ中を悪性の腫れ物ができて、土器のかけらでかきむしるほどの苦痛にもだえたが、それでもヨブは「唇によって罪に陥ることはなかった。」(2:10)という。

 ハテナ? が続く。

 イエスさまのように、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」(マタイ27:46)、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか、と、ストレートに叫んでも良かったのではないか?

 そして3章でヨブはついに、呪いのことばを口にする。誰に? 三人の友に? 己に? 主に? ”呪う”というのは、”祈る”の対極にあるような気がする。

 ヨブ、マズイんじゃないの?

 神さまを知らない現代人も、ヨブのように呪っているのかもしれない。

「〜神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練に合わせることはなさいません。むしろ耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。」(1コリント10:13)

 ヨブ、御言葉を一緒に握ろう!


●祈り


 神さま、エラそうなことを言いましたが、こんなに理不尽でひどい目にあったことのない、ぬるま湯育ちの私は、きっとあっけなく逆境に弱く、呪いの言葉を口にすると思います。非力を痛感します。

 耐えられずに悲鳴をあげたとしても、呪うのではなく、御前で祈ることができますように。どうか、真実な神さまに信仰でこたえられるよう、あわれんで力をあたえてください。

 イエスさまのお名前で祈ります。アーメン


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ