2021年6月23日  ディボーション

ヨハネの黙示録 22章


 いよいよ黙示録最後、そして聖書の最後のところにきた。

大変むつかしくて理解するのにかなりの難解で、はっきり言ってまだまだわからないことだらけである。でも今回のディボーションで少しではあるけれども、黙示録に近づくことができたことは感謝である。


 黙示録をディボーションしてきて示されたことは、裁きと救いについての二つの大きな分かれ目である。神の怒りからくる罪と死による裁き、地獄からの救いである。

 イタリアに行った時、バチカンの中にあったミケランジェロのフレスコ画、”最後の審判”を見た時は感動して思わず固まってしまったことを思い出した。ヨハネは、そのようなものと比べものにならないそれ以上のものを見て、聞いて感動して、思わず御使いの足もとにひれ伏して礼拝しようとしたことが何となくわかるような気がする。


 黙示録22章は、すべてが意味深くどの箇所を取りあげてもそれぞれに心に響いてくるものばかりである。特に、示されたことは、17節、20節、21節のみことばである。


17節 「渇く者は来なさい。いのちの水が欲しい者は、ただで受けなさい。」

 イエス様は、最後まで救われることを語っておられる。待っておられるのだ。つまり、永遠の救いへの門は開かれているということである。全ての人に、どんな境遇の中にいる人にも渇く者は来なさい、ただで受けなさいと招いておられるのである。神様は、一人として滅びに至る者を望んでおられないのである。


20節 「しかり、わたしはすぐに来る。」と、イエス様は、はっきりと何度もお語りなっておられる。そのみことばには大きな希望があり待ち望む喜びがある。それは、祝福である。

 私も、主の再臨を待ち望みながら、地上で残された日々を多くの人々に福音の種を蒔き続けていきたいものである。


 黙示録、又、聖書の最後のみことば、21節 「主イエスの恵みが、すべての者とともにありますように。」で締めくくられている。つまり、神が私達の為にして下さったこと、そして、やがてイエス様が戻ってこられること。それは、一方的な神の恵みである。


祈り

神様、あなたの一方的な恵みにあずからせていただけることを心から感謝します。

私も大きな声で言います。主イエスよ、来てください。

主イエスキリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を