top of page
  • hccnichigo

2021年6月23日  ディボーション

ヨハネの黙示録 22章


 いよいよ黙示録最後、そして聖書の最後のところにきた。

大変むつかしくて理解するのにかなりの難解で、はっきり言ってまだまだわからないことだらけである。でも今回のディボーションで少しではあるけれども、黙示録に近づくことができたことは感謝である。


 黙示録をディボーションしてきて示されたことは、裁きと救いについての二つの大きな分かれ目である。神の怒りからくる罪と死による裁き、地獄からの救いである。

 イタリアに行った時、バチカンの中にあったミケランジェロのフレスコ画、”最後の審判”を見た時は感動して思わず固まってしまったことを思い出した。ヨハネは、そのようなものと比べものにならないそれ以上のものを見て、聞いて感動して、思わず御使いの足もとにひれ伏して礼拝しようとしたことが何となくわかるような気がする。


 黙示録22章は、すべてが意味深くどの箇所を取りあげてもそれぞれに心に響いてくるものばかりである。特に、示されたことは、17節、20節、21節のみことばである。


17節 「渇く者は来なさい。いのちの水が欲しい者は、ただで受けなさい。」

 イエス様は、最後まで救われることを語っておられる。待っておられるのだ。つまり、永遠の救いへの門は開かれているということである。全ての人に、どんな境遇の中にいる人にも渇く者は来なさい、ただで受けなさいと招いておられるのである。神様は、一人として滅びに至る者を望んでおられないのである。


20節 「しかり、わたしはすぐに来る。」と、イエス様は、はっきりと何度もお語りなっておられる。そのみことばには大きな希望があり待ち望む喜びがある。それは、祝福である。

 私も、主の再臨を待ち望みながら、地上で残された日々を多くの人々に福音の種を蒔き続けていきたいものである。


 黙示録、又、聖書の最後のみことば、21節 「主イエスの恵みが、すべての者とともにありますように。」で締めくくられている。つまり、神が私達の為にして下さったこと、そして、やがてイエス様が戻ってこられること。それは、一方的な神の恵みである。


祈り

神様、あなたの一方的な恵みにあずからせていただけることを心から感謝します。

私も大きな声で言います。主イエスよ、来てください。

主イエスキリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

Comments


bottom of page