2021年6月22日ディボーション

ヨハネの黙示録21章


 なんという光景!!!!

 今ある天と地は過ぎ去って、聖なる都、新しいエルサレムが天から降って来るのだ。「夫のために飾られた花嫁のように整えられて」2節 とあるから、それはそれは、神様が用意しておられる美しい都だ!


 サタンは敗北した。

 勝利者キリストによって、すべてが新しくなるのだ。

「見よ、わたしはすべてを新しくする。」5節


 私たちの主は、新しくする神(刷新する神)であることを、創世記から黙示録に至るまで、聖書のストーリーを知れば知るほど実感する。私個人だけ見たって、「アーメン!」と、うなずく。主は私を新しくされるお方だ。

 神の御心のままに、新しい創造がなされていく様は、私たちに希望を生み出す。


 計り知れない神様の計画・・・

 イザヤもかつて預言していた。

「見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。先のことは思い出されず、心に上ることもない。」イザヤ65章17節

 これをヨハネは幻をもって、その目で見た。そして、この神のことばはやがて、確かに成就する。


 聖なる都が降って来るとき、ヨハネが聞いた御座からの大きな声の4節が、私の心にも今、響いている。

 その日、神と神の民の永遠の住まいが完成する。そこには、どうやら涙も死も、悲しみも叫び声も、そして苦しみもないらしい。ということは、今ある涙や悲しみ、これらはその日、どうなってしまうのだろう・・・。これらは、その日、どのような形に変えられるのだろう・・・。


 イザヤのその後のことばが心に響く。

「だから、わたしが創造するものを、いついつまでも楽しみ喜べ。見よ。わたしはエルサレムを創造して喜びとし、その民を楽しみとする。」18節


 その日、私はどのような様子で、神とともにいるのだろう・・・。


天のお父様

あなたの偉大なご計画、その壮大なストーリーに、私はあなたの聖名を崇めずにはいられません。

主よ、あなたはおっしゃられました。「だから、わたしが創造するものを、いついつまでも楽しみ喜べ。」私は、その日をドキドキしつつも、あなたを待ち望み、今日も御手のうちを歩みます。ご計画の中にある恵みをもっと体験させてください。アーメン。

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を