top of page
  • HCCnichigo

2021年6月21日 ディボーション

ヨハネの黙示録20章


『幸いなる者、聖なる者』


 キリストは再臨され、いよいよキリストによる王国の時代が到来した。大患難時代に殉教の死を遂げた聖徒たちは、キリストの再臨と共に復活し、千年続くこの王国でキリストとともに世界を統治する。これでやっと、恐ろしい時代から、愛と平安に満ちた時代が始まるのである。

 しかしその内容については何も書かれていない。書かれていないどころか、このことについては6節で終わり、7節からは、再び神による厳しいさばきについて書かれてある。私が、黙示録を恐ろしく思うのは、サタンの迫害が凄まじいこと、そしてそれに対する神のさばきも凄まじいからである。だから、敬遠しがちになる。しかし、怖がらずにじっくり読んでいくうちに、神様がこの書を通して伝えようとされていることが示された。


 「この第一の復活にあずかる者は幸いな者、聖なる者である。この人々に対して第二の死は何の力も持っていない。」(6節)


 私にとってこのみことばは、ヨハネ3:16と同じに思えた。神は、御子を信じる者を守り抜いてくださり、約束どおり、永遠の御国へと導かれる。しかし、イエスを知らない人たちはどうなるのか。神さまはなぜ、黙示録を与えたのか。それは、一人でも多くの人が、この第一の復活にあずかることができるよう、私たちには福音を伝えるという使命が与えられている、ということではないだろうか。特に、未信者である家族に早く伝えなければ、という思いにさせられる。

 だが、救いは私の努力でなせるものではない。救いは主のものであり、主の一方的なみわざである。私がそうであったように、私の家族もいつか必ず、みことばを必要とする時が来ると信じている。そのみことばを伝える役目が、私にいただけるというのなら、聖霊さまの力をお借りして、心を込めて、イエスさまの愛を伝えたいと思う。


祈り:

 私の名が、いのちの書に記されていることを心より感謝します。あなたは私のような者にも、永遠の救いを与えてくださいました。どうか、日本にいます家族にも、救いが与えられますように。願わくば、私自らがその器となって、イエス様の愛を伝える者としていただけますように。また、あなたを知らないで、この世を去られた人たちのたましいでさえ、あなたは愛してくださっていると、私は信じます。あなたの愛に心から感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。


閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

bottom of page