2021年6月19日ディボーション

ヨハネの黙示録18章


『バビロンは世界に蔓延る』



●学んだこと:


 18章の冒頭でヨハネは天使を見る。大バビロンが倒れたと聞く。4節からは彼女(バビロン)から「出て行きなさい。」と促される。

 バビロンとは、ローマ帝国をはじめとする反キリストの人や社会のこと。

 24節で「地上で屠られたすべての人々の血」とあるから、地図で位置を特定できるようなところではなく、悪魔がいるところすべて、人が住むところすべてがバビロンなのだろう。

「出て行きなさい。」とは、今の生活に置き換えれば、悪事に染まらず、清さを保つということだろうか?

 でも、現実の自分は些細なことでチッとなったり、相手を傷つけたりしている。清さを保つために世俗から離れた、聖職者の中にも悪魔は易々と入り込んでいる。

「肉のわざは明らかです。すなわち、淫らな行い、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り‥‥‥」ガラテヤ5章の「御霊の実」の前節には、悪しきことが列挙されている。

 わかっちゃいるがやめられない悪を、イエスさまが再臨の時、すべて消し去ってくれる約束が黙示録だ。人の力ではなにもできないから、主にあわれんでもらうしかない。一方的な恵を待つしかない。そんな神さまの全能により頼めることはなによりの感謝だ。

 9節から、神さまは容赦なく、悪に属する者を処罰し、バビロンを、悪の都を崩壊させる。一瞬にして荒れ果てさせてしまう。そしてそのことを、喜べという。

「天よ、この都のことで喜べ。聖徒たちも信徒達も預言者たちも喜べ。神があなたがたのために、この都をさばかれたのだから。」(20節)

 敵をも祝福すべきキリスト者が、処罰を喜んでいいのかなあ、と一瞬思ったが、唯一の義である神さまが、全き義を遂行し、実在するあらゆる悪を終息させることを喜ぼうということだ。それなら大喜びだ。

 ただ、新天新地と聞くと大阪の地名と思ってしまうのだけは改めなければ。


ps.黙示録のおしまいの方で、ヨハネは天使に感謝して祈ろうとする場面があります。すると天使は、私じゃなくて神さまに祈りなさいとヨハネをいさめます。ヨハネも天使も、とっても可愛いと思いませんか!



●祈り:


 神さま、このブログの中で、複数の人と、日々バトンを手渡ししながらディボーションをしていると、聖書の水路がふと開けてくるような感じがする時があります。仲間のディボーションを味わうことで生まれる交わりを感謝します。

 そして、黙示録はハッピーエンドが満ち満ちているなあと、うれしい気持ちになったりもします。喜んで御言葉を受けとらせてくださってありがとうございます。

 イエスさまのお名前で祈りを捧げます。アーメン

閲覧数:40回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を