top of page
  • hccnichigo

2021年6月19日ディボーション

ヨハネの黙示録18章


『バビロンは世界に蔓延る』



●学んだこと:


 18章の冒頭でヨハネは天使を見る。大バビロンが倒れたと聞く。4節からは彼女(バビロン)から「出て行きなさい。」と促される。

 バビロンとは、ローマ帝国をはじめとする反キリストの人や社会のこと。

 24節で「地上で屠られたすべての人々の血」とあるから、地図で位置を特定できるようなところではなく、悪魔がいるところすべて、人が住むところすべてがバビロンなのだろう。

「出て行きなさい。」とは、今の生活に置き換えれば、悪事に染まらず、清さを保つということだろうか?

 でも、現実の自分は些細なことでチッとなったり、相手を傷つけたりしている。清さを保つために世俗から離れた、聖職者の中にも悪魔は易々と入り込んでいる。

「肉のわざは明らかです。すなわち、淫らな行い、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り‥‥‥」ガラテヤ5章の「御霊の実」の前節には、悪しきことが列挙されている。

 わかっちゃいるがやめられない悪を、イエスさまが再臨の時、すべて消し去ってくれる約束が黙示録だ。人の力ではなにもできないから、主にあわれんでもらうしかない。一方的な恵を待つしかない。そんな神さまの全能により頼めることはなによりの感謝だ。

 9節から、神さまは容赦なく、悪に属する者を処罰し、バビロンを、悪の都を崩壊させる。一瞬にして荒れ果てさせてしまう。そしてそのことを、喜べという。

「天よ、この都のことで喜べ。聖徒たちも信徒達も預言者たちも喜べ。神があなたがたのために、この都をさばかれたのだから。」(20節)

 敵をも祝福すべきキリスト者が、処罰を喜んでいいのかなあ、と一瞬思ったが、唯一の義である神さまが、全き義を遂行し、実在するあらゆる悪を終息させることを喜ぼうということだ。それなら大喜びだ。

 ただ、新天新地と聞くと大阪の地名と思ってしまうのだけは改めなければ。


ps.黙示録のおしまいの方で、ヨハネは天使に感謝して祈ろうとする場面があります。すると天使は、私じゃなくて神さまに祈りなさいとヨハネをいさめます。ヨハネも天使も、とっても可愛いと思いませんか!



●祈り:


 神さま、このブログの中で、複数の人と、日々バトンを手渡ししながらディボーションをしていると、聖書の水路がふと開けてくるような感じがする時があります。仲間のディボーションを味わうことで生まれる交わりを感謝します。

 そして、黙示録はハッピーエンドが満ち満ちているなあと、うれしい気持ちになったりもします。喜んで御言葉を受けとらせてくださってありがとうございます。

 イエスさまのお名前で祈りを捧げます。アーメン

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

Comments


bottom of page