2021年6月14日 ディボーション

ヨハネの黙示録13章


『海からの獣と地からの獣』


「耳のある者は聞きなさい。捕らわれの身になるべき者は捕らわれ、剣で殺されるべき者は剣で殺される。ここに、聖徒たちの忍耐と信仰が必要である。」13:9−10


 12章で赤い竜が登場した。そして今回、海からの獣と地からの獣が登場した。赤い竜はサタン、海からの獣は反キリスト、そして地からの獣は偽預言者のことである。黙示録13章は、偽の父なる神(サタン)から力を受けた偽の子なる神(反キリスト)による世界統治とはどのような状態であるかを預言している。人々は、偽の聖なる神(偽預言者)によるしるしによって惑わされ、サタンを礼拝するようになる。従わない者は迫害され、ある者は殺される。私たちは聖霊による「聖霊の証印」が押されているが、ここでは、獣の刻印が押される。そしてその刻印のない者は「だれも物を売り買いできないようにした」。つまり、生活ができない状態にさせられるということである。まさに、不条理、理不尽、地獄である。


 しかし、神は言われる。「耳のある者は聞きなさい。捕らわれの身になるべき者は捕らわれ、剣で殺されるべき者は剣で殺される。ここに、聖徒たちの忍耐と信仰が必要である。」悲惨な時代である。しかし、神は正義を行われる方だと信じて忍耐し、みことばに支えられた信仰に立ち続けなさいと、励まされる。


 私たちは、日々サタンの攻撃の中にいる。サタンは心を攻撃してくる。それに対抗するみことばをもっていないなら、私たちは簡単にサタンの策略に陥ってしまう。だからこそ、神さまは今の世にあっても「ここに、聖徒たちの忍耐と信仰が必要である。」と言われるのではないだろうか。


祈り:

 愛する天のお父様、いかなる時も、共にいてくださることを感謝します。聖書のみことばに固く立つ信仰と、どのような時であっても、神の子であり続ける忍耐を与えてくださいますように。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を