2021年6月12日 デヴォーション

ヨハネの黙示録 11章



『第七のラッパ、この世の国はキリストのものとなった』



●学んだこと:


 2年前、チャーチのデボーションで黙示録を通読して、失敗したことがある。読んでもチンプンカンプンで、手引書や解説書を読みあさり、袋小路にはまってヘトヘトになった。日本に帰った時に書店で、小畑進氏の『ヨハネの黙示録講録』というのを見つけ、立ち読みして瞠目した。黙示録の、なんと一節ごとの説教集だったのだ。例えば11章15節、


「第七の御使いがラッパを吹いた。すると大きな声が天に起こって、こう言った。「この世の王国は、私たちの主と、そのキリストのものとなった。主は世々限りなく支配される」


 この一節だけで、延々とりなしているのである。1冊600ページ近くで、全4巻。聖霊さまに導かれていたとはゆえ、渾身の力作である。

 自分のような付け焼き刃の、知恵ではなく知識の自己満足ではダメなんだと痛感した。小畑進氏は、すさまじい献身の生涯を送られた牧師だと知った。


「あなたは生ぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしは口からあなたを吐き出す。」黙3:16


 自分の中途半端なデボーションを、イエスさまはこの御言葉で喝破されたようで、以来、大好きでいつも座右の銘にしている。

 なので黙示録は読んで分かった部分だけ、アーメンすることにした。暗喩など深い意味が込められているかもしれないけれど、なるべく字義通りの理解をするようにしている。

 例えば11章の始まりで、神殿や祭壇や礼拝している人を杖のような測り竿で測りなさいとあるが、測ることの意図はあまり考えずに読み進む。と、突如二人の証人が登場する。誰???

 1260日も預言をし続け、二人に害を加えようとすると、口から火が出て、敵を焼き尽くす。思うがままに災害を起こすことのできる、力と権限を持っている人だという。

 そんなすごい証人が誰なのか、聖書が明かさないなら私も既読スルーする。そうしてついに第七のラッパが吹かれた。それが前述の「この世の国は私たちの主及びそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。」だ。

 主なるイエスさまの完全で永遠の勝利! ラッパはどれだけ高らかに鳴り響くのだろう!!

 肉の力で理解できないところがあっても、聖霊さまの導きで、土の器の必要を満たしてもらえることが嬉しい。黙示録の預言を信じ、再臨の時を期待して待ちたい。



●祈り:


 愛する天の神さま、あなたがご自身の約束に忠実なことを確信します。携挙が前でも後でも御心に従い、希望を持って待ちます。昔おられ、今もおられ、やがて来られるイエスさまの、聖なる栄光をあがめたたえます。どうかあわれんでください。

 イエスさまのお名前で、感謝して祈ります。アーメン


閲覧数:44回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を