top of page
  • hccnichigo

2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章


『主の計画にこの身をささげる』


 エステル記もいよいよ最終章。

 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。


「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについての詳細、それは『メディアとペルシアの王の歴代誌』に確かに記されている。」(2節)

 そのようにして、エステル記はモルデカイの功績をたたえて、その書を閉じるのだ。


 彼は、「ユダヤ人にとっては大いなる者であり、多くの同胞たちに敬愛された。」とある。しかし、どうだろうか?かつて、エステルを養育していたあの頃、まさか将来このように養女エステルとともに働くとは・・・。まさか将来、自分がこのような御用、務めを任されるとは・・・。きっとモルデカイ自身、思ってもいなかっただろう。


 しかし、彼の心にあった同胞への熱い思い、そこから神様は不思議と彼を突き動かし、彼と今では王妃となったエステルを通して、ペルシアにいたユダヤ人のいのちが救われたのだ。


「彼は自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語る者であった。」(3節)


 今日はモルデカイという大いなる人と、その人生を想い起こしたい。



天のお父様

人生は分かりません。しかし、あなたのご計画の中に私が今日も置かれていることは知っています。主よ、モルデカイの歩みを想い起こしています。主よ、あなたは彼と彼の養女だったエステルを通して、多くのいのちを救い出されました。モルデカイのように、あなたのご計画(御思い)を知り、そのために動く勇気を私にも与えてください。アーメン。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

コメント


bottom of page