• HCCnichigo

2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章


『主の計画にこの身をささげる』


 エステル記もいよいよ最終章。

 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。


「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについての詳細、それは『メディアとペルシアの王の歴代誌』に確かに記されている。」(2節)

 そのようにして、エステル記はモルデカイの功績をたたえて、その書を閉じるのだ。


 彼は、「ユダヤ人にとっては大いなる者であり、多くの同胞たちに敬愛された。」とある。しかし、どうだろうか?かつて、エステルを養育していたあの頃、まさか将来このように養女エステルとともに働くとは・・・。まさか将来、自分がこのような御用、務めを任されるとは・・・。きっとモルデカイ自身、思ってもいなかっただろう。


 しかし、彼の心にあった同胞への熱い思い、そこから神様は不思議と彼を突き動かし、彼と今では王妃となったエステルを通して、ペルシアにいたユダヤ人のいのちが救われたのだ。


「彼は自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語る者であった。」(3節)


 今日はモルデカイという大いなる人と、その人生を想い起こしたい。



天のお父様

人生は分かりません。しかし、あなたのご計画の中に私が今日も置かれていることは知っています。主よ、モルデカイの歩みを想い起こしています。主よ、あなたは彼と彼の養女だったエステルを通して、多くのいのちを救い出されました。モルデカイのように、あなたのご計画(御思い)を知り、そのために動く勇気を私にも与えてください。アーメン。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6 月13日 デヴォーション

ヨハネ黙示録12章 1節~6節は、イエス・キリストの誕生にまつわる出来事の描写が記されている。 1節「一人の女」とは、イスラエルのことで、直接的にはイエスの母マリヤのこと。 3節「炎のように赤い大きな竜」とは、悪魔のこと。 4節「天の星の三分の一」とは、悪魔が天使の三分の一を地上に投げ落としたと いうこと。この投げ落とされた元天使が悪霊と呼ばれる存在。 5節 「この子」とは、イエス・キリストのこと

2021年6月12日 デヴォーション

ヨハネの黙示録 11章 『第七のラッパ、この世の国はキリストのものとなった』 ●学んだこと: 2年前、チャーチのデボーションで黙示録を通読して、失敗したことがある。読んでもチンプンカンプンで、手引書や解説書を読みあさり、袋小路にはまってヘトヘトになった。日本に帰った時に書店で、小畑進氏の『ヨハネの黙示録講録』というのを見つけ、立ち読みして瞠目した。黙示録の、なんと一節ごとの説教集だったのだ。例えば

2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節) 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。 「主は、ある人た