2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章


『主の計画にこの身をささげる』


 エステル記もいよいよ最終章。

 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。


「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについての詳細、それは『メディアとペルシアの王の歴代誌』に確かに記されている。」(2節)

 そのようにして、エステル記はモルデカイの功績をたたえて、その書を閉じるのだ。


 彼は、「ユダヤ人にとっては大いなる者であり、多くの同胞たちに敬愛された。」とある。しかし、どうだろうか?かつて、エステルを養育していたあの頃、まさか将来このように養女エステルとともに働くとは・・・。まさか将来、自分がこのような御用、務めを任されるとは・・・。きっとモルデカイ自身、思ってもいなかっただろう。


 しかし、彼の心にあった同胞への熱い思い、そこから神様は不思議と彼を突き動かし、彼と今では王妃となったエステルを通して、ペルシアにいたユダヤ人のいのちが救われたのだ。


「彼は自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語る者であった。」(3節)


 今日はモルデカイという大いなる人と、その人生を想い起こしたい。



天のお父様

人生は分かりません。しかし、あなたのご計画の中に私が今日も置かれていることは知っています。主よ、モルデカイの歩みを想い起こしています。主よ、あなたは彼と彼の養女だったエステルを通して、多くのいのちを救い出されました。モルデカイのように、あなたのご計画(御思い)を知り、そのために動く勇気を私にも与えてください。アーメン。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を