top of page
  • hccnichigo

2021年5月8日 ディボーション

エズラ記 9章


『大の男が恥ずかしいと吐露する、琴線に触れる祈り』



●学んだこと:


 エズラが率いる2回目の帰還者の道中。エズラは川のほとりで断食をして、神の前でへりくだり、道中の無事を神に願い求めた。

 神に背くことがないよう警戒し、帰還者たちは無事にエルサレムに到着した。

 ところが留守中、先に帰っていた民は、母国への帰還と神殿建築の喜びにハメを外し、異国の娘と雑婚していたのだ。しかも指導者たちが率先してやっていたという、最悪の事態。

 ルートは守られたのに、肝心のゴール地点で人々は慢心した。


 エズラは茫然自失となってしまう。エズラの一人称の独白は、6節から神さまに対する罪の告白と、恥じ入るばかりの罪を吐露している。


9:6「私の神よ。私は恥じています。私の神よ。私はあなたに向かって顔をあげることを恥ずかしく思います。」


 罪の告白や反省を理路整然とするのではなく、恥ずかしいと思う感情を言わずにはいられなかったエズラ。恥の文化は日本人的には分かるが、旧約の時代の大祭司ともあろう人が、神さまの愛や哀れみを裏切ってしまったことの、心の悲しみや憔悴を打ち明けずんはいられなかった。一番弱い部分を神さまの前にさし出したエズラ。

そしてエズラを含めた「私たちの罪」として告白している。雑婚した民を断罪することなく、民に代わって額づいている。

 神の御前に立つ資格がなどないのにと、罪過だけを告白するエズラ。軽々と悔い改めの言葉など口にしないのだ。


 私は日々、神さまに対して、せいいっぱい真摯な祈りを捧げているだろうか。易々と悔い改めを口にするのは、罪を犯すよりも神さまを裏切ることになるというのに。



●祈り:


 弱き者として正直に心を注ぎだすエズラの祈りに打たれました。神さま、あなたの憐みに甘え過ぎている私がいます。イエスさまの十字架の重さを軽んじることがないよう、謙虚さを注いでください。イエスさまのお名前で感謝して祈ります。 アーメン

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page