2021年5月8日 ディボーション

エズラ記 9章

『大の男が恥ずかしいと吐露する、琴線に触れる祈り』

●学んだこと:

 エズラが率いる2回目の帰還者の道中。エズラは川のほとりで断食をして、神の前でへりくだり、道中の無事を神に願い求めた。

 神に背くことがないよう警戒し、帰還者たちは無事にエルサレムに到着した。

 ところが留守中、先に帰っていた民は、母国への帰還と神殿建築の喜びにハメを外し、異国の娘と雑婚していたのだ。しかも指導者たちが率先してやっていたという、最悪の事態。

 ルートは守られたのに、肝心のゴール地点で人々は慢心した。

 エズラは茫然自失となってしまう。エズラの一人称の独白は、6節から神さまに対する罪の告白と、恥じ入るばかりの罪を吐露している。

9:6「私の神よ。私は恥じています。私の神よ。私はあなたに向かって顔をあげることを恥ずかしく思います。」

 罪の告白や反省を理路整然とするのではなく、恥ずかしいと思う感情を言わずにはいられなかったエズラ。恥の文化は日本人的には分かるが、旧約の時代の大祭司ともあろう人が、神さまの愛や哀れみを裏切ってしまったことの、心の悲しみや憔悴を打ち明けずんはいられなかった。一番弱い部分を神さまの前にさし出したエズラ。

そしてエズラを含めた「私たちの罪」として告白している。雑婚した民を断罪することなく、民に代わって額づいている。

 神の御前に立つ資格がなどないのにと、罪過だけを告白するエズラ。軽々と悔い改めの言葉など口にしないのだ。

 私は日々、神さまに対して、せいいっぱい真摯な祈りを捧げているだろうか。易々と悔い改めを口にするのは、罪を犯すよりも神さまを裏切ることになるというのに。

●祈り:

 弱き者として正直に心を注ぎだすエズラの祈りに打たれました。神さま、あなたの憐みに甘え過ぎている私がいます。イエスさまの十字架の重さを軽んじることがないよう、謙虚さを注いでください。イエスさまのお名前で感謝して祈ります。 アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ