top of page
  • HCCnichigo

2021年5月6日 ディボーション

エズラ記 7章


『恵の御手』

 神の力が人に及ぶ時、この世ではありえないと思う事も実行に移される。ペルシアのアルタクセルクセス王によりバビロン捕囚から解放され、イスラエルに戻ったエズラ。そんな彼に王は手紙を送る。

「天の神の宮のために、天の神によって命じられている事は何でも熱心に行え。」(23節)と王は語る。しかしそれは主がそのように王が語るように導いたから。

 王の心は、主の手の中にあって水の流れのよう。主はみこころのままに、その向きを変えられる。(箴言21:1)と語られるように、主は敵の心をも砕かれる方である。現代はコロナウイルスだけでなく、人の心を蝕むウイルスが沢山潜む。しかし神の御計画は常にすすめられている。

 見よ、主の手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて聞こえないのではない。むしろ、あなた方の咎が、あなた方と、あなた方の神との仕切りとなり、あなた方の罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。(イザヤ59:1-2)

主の恵の御手は様々な方法で与えられる。私の咎によって主の声が聞こえない‥‥とならぬようエズラのように苦難の時でも研鑽を積むなど、自分が今できる事をし将来に備える事をこの章から学ぶことができた。

●祈り

 ヤベツはイスラエルの神に呼び求めて言った。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあってわざわいから遠ざけ、私が痛みを覚えることのないようにしてください。」神は彼の願ったことをかなえられた。(歴代誌第一4:10)

 愛する父なる神様、御子イエス様。今日も私たちと共にいてくださりありがとうございます。

 今日も平安のうちに目覚めることができた事はあなたの大いなる恵みです。ヤベツのようにあなたの御手によって全てが成し遂げられ、備えられ、守られますよう祈ります。イエス様の御名前を通して感謝してお捧げいたします。アーメン。


閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page