top of page
  • hccnichigo

2021年5月5日 ディボーション

エズラ記 6章


『神はご自身の計画を成就する為にいろんな人々を遣わされる』


 バビロン捕囚から帰還したイスラエル人による神殿完成に至るまでのことが述べられている。

その完成までにいろんなことがあったけど、神はイスラエルの民をいつも見守っていて下さって多くの助け人を遣わされて神殿完成に導いてくださった。異邦人の王ダレイオスは、クロス王が残してあった巻物に記されていた事を読み兵士たちに勅令をだして、滞っていた神殿の運びの進行を促した。又、預言者達の語るみことばの励ましなどがあった。それらのことは、すべて神からでたことによる神殿復興への道となった。

 イスラエルの民は、自身の罪の為にエルサレムの神殿が崩壊され、バビロンへと捕囚されるという歴史上最大な悲劇の経験をしてきた。神は、彼らが罪の買い取りをやってきたことをしっかりとごらんになられて、罪の深さをお赦しになられ、70年間のバビロン捕囚から解き放された。

 神の民を見捨てていない、深い憐みに満ちた愛である。


 17節で語られている、「全イスラエルのために罪のきょめのささげもの」

 神の宮が完成した時の奉献式にイスラエルの民は覚えて自分自身の悔い改めの礼拝を神にささげた。喜びの中においても神への感謝の気持ちを忘れずに神に礼拝、悔い改めする民の姿が自分自身の神への礼拝の在り方を再度示された。


22節 「主が彼らを喜ばせ、またアッシリアの王の心を彼らに向けて、イスラエルの神である神の宮の工事にあたって、彼らを力ずけるようにされたからである。」 すべては神のみこころによって神殿建設がなしとげられたことである。そして、主が彼らを喜ばせたというところに目がいった。それは、やはり、イスラエルの民が砕かれた、悔いた心をもって多くの人々に助けられて心を一つにして神殿再興に励んだことが神にとって、神ご自身の喜びが彼らを喜ばせることになったのだと思わされた。心から主にハレルヤと叫びたくなる衝動になった。


この6章からある聖句が示された。伝道の書3章11節: 「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。」神のみことばは、今日も明日もこれからも永遠にずっとわたくしたちをいかして

くださっている。


祈り

天の父なる神様、あなたの御名を心から賛美します。

今朝もみことばを示して下さってありがとうございます。あなたのなさることは、すべて時にかなって美しい。そのことをいつも思いながら歩めるように導いてください。

主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page