• HCCnichigo

2021年5月4日 ディボーション

エズラ記5章


『神と共に歩む』

●前の4章では、エルサレム神殿再建を始めたのですが、反対者が起こって神殿工事を一時的ストップされたのです。ところが神さまが働いて、神殿工事再建は神の言葉による事を聞いた人たちは神殿工事を再開しました。

その後再び、神殿工事反対者が起こって工事を邪魔しようとしたのです。 そしてその仕業は誰なのかと聞きました。

ユダヤ人は言います。「私たちは天と地の神の僕であり、ずっと昔から建てられていた宮を建て直しているのです。それはイスラエルの大王(ソロモン)が建てて、完成させたものです。」(11節) しかし、イスラエルの民は神から離れたので、バビロン王によって神殿を壊され、民はバビロンに捕虜として連れていかれた事を話しました。

私たちの天地の造り主は、ペルシャの王であり、バビロンのクロス王によって、神殿を再建するように命令を下されました。その事は、役人だけではなくその時の王、ダリヨスにも伝えられました。

そのためにその当時の役人も、ダリヨス王も自分勝手に決断する事が出来なかったので、昔の文書を調べる事になり、神殿再建工事は続行となりました。

 このエズラ記は歴史書なので簡単に書かれていますが、その間にはたくさんの人たちが用いられたのです。預言者ダニエル、エレミヤ、エゼキエル、ユダヤの民など神に用いられたのです。

 現在、世界はコロナ禍で悩まされていますが、その中にも神の働きがあるのです。私たちも目を覚まして神の働きにぜひ関わっていきましょう。

●お祈り

天のお父様、今日の事を通して私たちが天地を造られた神さまに繋がっていることを感謝します。今は新型コロナで神殿再建当時のように世の中が混乱しています。しかし、その中で私たちを選んでくださり用いて下さることをありがとうございます。一人でも多くの人が、あなたの心を知って、助け、喜びに満たされる事が出来ますように! またそれが一時的に見えなくなっている人の上にも、あなたの栄光が照らされている事に気が付きますように! 

イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年5月14日 ディボーション

ネヘミヤ記5章 『神を畏れつつ歩む』 民とその妻たちから、同胞のユダヤ人に対して、強い抗議の声が飛び交う。それは、はなはだしい貧富の差から生じた問題に対する声だった。 ネヘミヤは、このことを聞いて激しく腹を立てた、と書いてある。そして、十分考えた上で、行動に出た。それは、有力者たちや代表者たち(いわゆる富裕層に属する人たち)を非難したのだ。行動は、それだけでは終わらない。さらには、大集会まで開いて

2021年5月13日 ディボーション

ネヘミヤ記 4章 『軽蔑、侮辱、嘲に屈しない祈りの力』 一生懸命に努力する人の足を引っ張るものはどの時代にもいる。神の守りを意味する城壁。その修復の時にもユダヤ人を嘲った者たちがいた。 嘲る者の言葉に耳を傾けなければ良いだけだが、現実的に嫌でも耳に入り、心が折れてしまうことがある。私も日々の生活の中でそのような状況に何度も立たされて、主に試された。「本当に心から主の為に働くのか?」と ネヘミヤは肉

2021年5月12日  デイボーション

ネヘミヤ記  3章 語られたこと: 城壁復興への道がいよいよスタートした。 城壁を造るために多くの人々が協力した。各村ごとにリーダーをおこして城壁のつなぎの工事をしてきたことや、又、城壁の両サイドからの補修をしてきた。このことは、城壁復興だけでなくて、各村ごとの復興作業に協力した民が収入が得られることにもつながった。神が、ネヘミヤに与えた知恵ある行動からでた計画は実に素晴らしいものだった。ネヘミヤ