• HCCnichigo

2021年5月31日 ディボーション

エステル記 9章


『悲しみが喜びに』

 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃)


「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。

 

 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。

 

 しかし、ユダヤ人の敵を大量虐殺するのは行き過ぎではないか? イエスの十字架によって私の罪は贖われた。もし可能なら、当時のユダヤ人にもイエス様、父なる神の愛 を伝え、大量虐殺を阻止したかった。 それでは、イエス様の弟子として私たちが出来ることは何か?


「あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるからです。心の清い者は 幸いです。その人たちは神を見るからです。平和を作る者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるからです。」マタイの福音書4章7~9節。

 苦難に遭っても相手に同じ事を復讐するのではなく、何をしているか分からない相手 の為に祈ること。そうイエス様は私たちを諭してくれている。

 プリムの祭りは今も毎年行われている。過去の過ちから学び、平和な時代を作るため に何をすべきかリマインドする祭りであってほしい。いや、祭りの時だけでなく、私たちは主とイエス様からの贖い抜きには生きていけない存在である事を毎日心に刻みた い。


●祈り:

 

 天の父なる神様。今日も通読、ディボーションを通してあなたとの対話の時間が持て る事を感謝します。私たちが平和の道具として用いられるよう、どうぞ鍛えてくださ い。困難と言う研磨剤で私たちを磨き整えてくれる神様。あなたの御計画による困難には意味があり、その先にはあなたが用意した祝福が待っている事を私たちは知っています。 どうぞ、これからも私たちの心が折れないように、強め、癒してください。

主、イエス様のお名前を通して御前にお捧げいたします。アーメン。



7回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

2021年5月29日 ディボーション

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ