top of page
  • HCCnichigo

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章  



 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。

 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。

 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という事ではありません。これは、神の真実、約束、選びの確かさを現わしています。


申命記には次のように記されています。

「あなたの神、主があなたの前から彼らを追い出されたとき、あなたは心の中で、『私が正しいから、主が私をこの地に導き入れ、所有させてくださったのだ』と言ってはならない。これらの国々の邪悪さのゆえに、主はあなたの前から彼らを追い出そうとしておられるのだ。あなたが彼らの地を所有することができるのは、あなたが正しいからではなく、またあなたの心が真っ直ぐだからでもない。これらの国々の邪悪さのゆえに、あなたの神、主があなたの前から彼らを追い出そうとしておられるのだ。また主があなたの父祖、アブラハム、イサク、ヤコブになさった誓いを果たすためである。」申命記 9章 4〜5節


私たちは、どんなに素晴らしい祝福にあずかったとしても、それは、自分の正しさがもたらしたものではなく、自分の正しさを証明するしるしではないことを自覚していたいと思います。ただ、神の真実であり、約束と選びの確かさなのです。ですから恵みなのです。


そして、「王の名前で印を押しなさい、王の名で書かれ、王の指輪で印が押された文章は、誰も取り消すことはできない」(8:8)と記されています。

 私たちは、今や約束の聖霊によって証印が押された者たちです。(エペソ1:13)この王の王である主の証印は、誰も取り消すことができません。


私たちは、イエス・キリストの贖いによって神のものとされたのです。

 だから、神は、私たちを祝福してくださるのです。

 だから、私たちは、自分を誇ることはしないのです。

 だから、私たちは、主を誇りとして、賛美と感謝を捧げるのです。 


祈り

 天の父よ。神の約束、選び、真実の確かさを想います。この恵みのゆえに、私たちは、あなたの祝福の中にあることを感謝します。ただただ、あなたを誇り、賛美を捧げます。どうぞ私たちが、この恵みを忘れて高慢になることがありませんように、どんなに勝利しても、祝福されても、主を誇り続けることが出来ますように、私たちの心の道筋をお守りください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page