2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章  



 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。

 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。

 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という事ではありません。これは、神の真実、約束、選びの確かさを現わしています。


申命記には次のように記されています。

「あなたの神、主があなたの前から彼らを追い出されたとき、あなたは心の中で、『私が正しいから、主が私をこの地に導き入れ、所有させてくださったのだ』と言ってはならない。これらの国々の邪悪さのゆえに、主はあなたの前から彼らを追い出そうとしておられるのだ。あなたが彼らの地を所有することができるのは、あなたが正しいからではなく、またあなたの心が真っ直ぐだからでもない。これらの国々の邪悪さのゆえに、あなたの神、主があなたの前から彼らを追い出そうとしておられるのだ。また主があなたの父祖、アブラハム、イサク、ヤコブになさった誓いを果たすためである。」申命記 9章 4〜5節


私たちは、どんなに素晴らしい祝福にあずかったとしても、それは、自分の正しさがもたらしたものではなく、自分の正しさを証明するしるしではないことを自覚していたいと思います。ただ、神の真実であり、約束と選びの確かさなのです。ですから恵みなのです。


そして、「王の名前で印を押しなさい、王の名で書かれ、王の指輪で印が押された文章は、誰も取り消すことはできない」(8:8)と記されています。

 私たちは、今や約束の聖霊によって証印が押された者たちです。(エペソ1:13)この王の王である主の証印は、誰も取り消すことができません。


私たちは、イエス・キリストの贖いによって神のものとされたのです。

 だから、神は、私たちを祝福してくださるのです。

 だから、私たちは、自分を誇ることはしないのです。

 だから、私たちは、主を誇りとして、賛美と感謝を捧げるのです。 


祈り

 天の父よ。神の約束、選び、真実の確かさを想います。この恵みのゆえに、私たちは、あなたの祝福の中にあることを感謝します。ただただ、あなたを誇り、賛美を捧げます。どうぞ私たちが、この恵みを忘れて高慢になることがありませんように、どんなに勝利しても、祝福されても、主を誇り続けることが出来ますように、私たちの心の道筋をお守りください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ