top of page
  • hccnichigo

2021年5月3日 ディボーション

エズラ記4章


『誰に従うのか?』


 時に、人は素晴らしい条件の上に心惑わされてしまうことがある。しかしその後ろには何があるのか見極めなければならない。そんな事をこの章で思わされた。

 話は前回の3章より続いている。70年のバビロン捕囚から約束の地に戻った12部族。バビロンの便利な物質主義に啓蒙して帰還しなかった民もいる。しかしヨシア王の時代に活躍した大祭司ヒルキアを先祖にもつエズラ。彼は先人の行った努力を感謝し約束の地に戻って第二神殿を建てるまでの経緯を記録している。

 イスラエルの民の敵は第二神殿建設を防御する。それだけ偉大な神だと彼らも知っている。そんな時にゼルバベルトヨシュア、そのほかのイスラエルの一族のかしらたちは彼らに言った。

「私たちの神のために宮を建てることは、あなたがたにではなく、私たちに属する事柄です。」(3節)

 この事が原因で第二神殿建設は買収(5節)、脅し(4節)非難の告訴状(6節)などなど妨害にあって中止となってしまう。それでも、モーセの律法にしたがって生きようとするイスラエルの揺るがぬ信仰に励まされる。

 私たちの生活も同じ。特に情報があらゆるところにばら撒かれて心揺らされることばかり。しかし私たちは先人の教えのように、主の道を真っ直ぐに歩むものでありたい。

「天の神ご自身が私たちを成功させてくださる」(ネヘミヤ 2:20)イスラエルの民も信じて聴き従ったように、私も主が全て成功に導いてくださる事を信じて歩みたい。


 ●祈り。

天の父なる神様。今日もあなたが私たちを成功へと、幸せな場所へと導いて下さる事を聖書を通じて語ってくださった恵みに感謝いたします。これからも貴方の言葉に耳を傾けて歩めるよう、どうぞ私の心をいつもあなたの元に置いてください。離れないようにマグネットのようにあなたの教えに引っ付くようにしてください。苦難の中でもあなたによって平安であることに感謝して、この祈りをイエスさまのお名前によって捧げます。アーメン。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page