• HCCnichigo

2021年5月3日 ディボーション

エズラ記4章


『誰に従うのか?』

 時に、人は素晴らしい条件の上に心惑わされてしまうことがある。しかしその後ろには何があるのか見極めなければならない。そんな事をこの章で思わされた。

 話は前回の3章より続いている。70年のバビロン捕囚から約束の地に戻った12部族。バビロンの便利な物質主義に啓蒙して帰還しなかった民もいる。しかしヨシア王の時代に活躍した大祭司ヒルキアを先祖にもつエズラ。彼は先人の行った努力を感謝し約束の地に戻って第二神殿を建てるまでの経緯を記録している。

 イスラエルの民の敵は第二神殿建設を防御する。それだけ偉大な神だと彼らも知っている。そんな時にゼルバベルトヨシュア、そのほかのイスラエルの一族のかしらたちは彼らに言った。

「私たちの神のために宮を建てることは、あなたがたにではなく、私たちに属する事柄です。」(3節)

 この事が原因で第二神殿建設は買収(5節)、脅し(4節)非難の告訴状(6節)などなど妨害にあって中止となってしまう。それでも、モーセの律法にしたがって生きようとするイスラエルの揺るがぬ信仰に励まされる。

 私たちの生活も同じ。特に情報があらゆるところにばら撒かれて心揺らされることばかり。しかし私たちは先人の教えのように、主の道を真っ直ぐに歩むものでありたい。

「天の神ご自身が私たちを成功させてくださる」(ネヘミヤ 2:20)イスラエルの民も信じて聴き従ったように、私も主が全て成功に導いてくださる事を信じて歩みたい。

 ●祈り。

天の父なる神様。今日もあなたが私たちを成功へと、幸せな場所へと導いて下さる事を聖書を通じて語ってくださった恵みに感謝いたします。これからも貴方の言葉に耳を傾けて歩めるよう、どうぞ私の心をいつもあなたの元に置いてください。離れないようにマグネットのようにあなたの教えに引っ付くようにしてください。苦難の中でもあなたによって平安であることに感謝して、この祈りをイエスさまのお名前によって捧げます。アーメン。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年5月5日 ディボーション

エズラ記 6章 『神はご自身の計画を成就する為にいろんな人々を遣わされる』 バビロン捕囚から帰還したイスラエル人による神殿完成に至るまでのことが述べられている。 その完成までにいろんなことがあったけど、神はイスラエルの民をいつも見守っていて下さって多くの助け人を遣わされて神殿完成に導いてくださった。異邦人の王ダレイオスは、クロス王が残してあった巻物に記されていた事を読み兵士たちに勅令をだして、滞っ

2021年5月4日 ディボーション

エズラ記5章 『神と共に歩む』 ●前の4章では、エルサレム神殿再建を始めたのですが、反対者が起こって神殿工事を一時的ストップされたのです。ところが神さまが働いて、神殿工事再建は神の言葉による事を聞いた人たちは神殿工事を再開しました。 その後再び、神殿工事反対者が起こって工事を邪魔しようとしたのです。 そしてその仕業は誰なのかと聞きました。 ユダヤ人は言います。「私たちは天と地の神の僕であり、ずっと

2021年5月2日 ディボーション

エズラ記 3章 エズラ記は、バビロン捕囚から70年後の出来事が記されています。神の計画により、イスラエルの民は、捕囚を解かれて祖国に帰還することが許されました。そこから祖国の再建が始まるわけですが、まず何よりも重要なのが神殿の再建です。 神殿は、ただの建物ではありません。神が臨在される場所です。ですから神殿再建は、神との関係の再建を現わしています。 3章には、その神殿の礎が完成したことが記されてい