2021年5月28日 デボーション

エステル記6章



『自分の持っている計画は?』



●話は前章から続きます。


 ペルシャの第二指導者、ハマンはユダヤ人撲滅とモルデカイを死刑にする計画を立てました。

その時のペルシャ王クセルクセス王(アハシュエロス王)は、次の日にエステル妃によって設けられた宴会に、何故か胸騒ぎがして眠れなかったというのです。 それで王はペルシャで起こった歴史のことを調べている内にモルデカイの名前が出て来ました。 以前、クセルクセス王はモルデカイによって命拾いをしたのです。


 王は命の恩人、モルデカイにどのような褒美を与えたら良いのか、ちょうど庭にいたハマン(モルデカイの上司であり敵)に聞きました。 ハマンは褒美を貰うのは自分だと思い、自分に好都合の返事をしました。

 ところがクセルクセス王は褒美をモルデカイに与えるようにハマンに命令を下しました。ハマンから見ると自分の考えていた事とは正反対の事が起きたのです。


 それが一体何を私たちに教えようとしているのか? ぜひデボーションの時に考えて欲しいと思います。



●お祈り


 天のお父様、私はハマンの事を考えます。 勿論、私はモルデカイのようになりたいのですが、時々神を忘れる時や、神よりも自分を大切にする時があるような弱い者です。

 神さまあなたご自身が私の救い主であり、私の救いです。 ハマンのような心ではなくあなたのような愛の心を教えてください。感謝します。もしハマンのような心があったら、その事に気付き取り除いて下さい。お願いします。

 イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という