top of page
  • hccnichigo

2021年5月28日 デボーション

エステル記6章



『自分の持っている計画は?』



●話は前章から続きます。


 ペルシャの第二指導者、ハマンはユダヤ人撲滅とモルデカイを死刑にする計画を立てました。

その時のペルシャ王クセルクセス王(アハシュエロス王)は、次の日にエステル妃によって設けられた宴会に、何故か胸騒ぎがして眠れなかったというのです。 それで王はペルシャで起こった歴史のことを調べている内にモルデカイの名前が出て来ました。 以前、クセルクセス王はモルデカイによって命拾いをしたのです。


 王は命の恩人、モルデカイにどのような褒美を与えたら良いのか、ちょうど庭にいたハマン(モルデカイの上司であり敵)に聞きました。 ハマンは褒美を貰うのは自分だと思い、自分に好都合の返事をしました。

 ところがクセルクセス王は褒美をモルデカイに与えるようにハマンに命令を下しました。ハマンから見ると自分の考えていた事とは正反対の事が起きたのです。


 それが一体何を私たちに教えようとしているのか? ぜひデボーションの時に考えて欲しいと思います。



●お祈り


 天のお父様、私はハマンの事を考えます。 勿論、私はモルデカイのようになりたいのですが、時々神を忘れる時や、神よりも自分を大切にする時があるような弱い者です。

 神さまあなたご自身が私の救い主であり、私の救いです。 ハマンのような心ではなくあなたのような愛の心を教えてください。感謝します。もしハマンのような心があったら、その事に気付き取り除いて下さい。お願いします。

 イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page