2021年5月26日  デイボーション


エステル記 4章


「もし、あなたがこのようなときに沈黙を守るなら、別のところから助けと救いがユダヤ人のめにおこるだろう。あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、このような時のためかもれない。」14節

語られたこと:

 モルデカイは、ハマンの策略、つまり、全てのユダヤ人を根絶やしにすることをクセルクセス王によって書簡に印が押されたことを知って、衣を引き裂き、悲しみと嘆きで、粗布をまとい、灰をかぶり断食した。なにも知らなかったエステルは宦官をとおして、衣服を送り粗布を脱がせようとしたがモルデカイは受け入れなかった。モルデカイは、事の成り行きを知らないエステルに、宦官を通して、ユダヤ人全員にこれから起ころうとすることをすべてつげた。そして、エステルの使命も伝えた。最初は、さすがのエステルも躊躇したけど、モルデカイは必至になって食い下がった。

14節で語られているのを示されたのは、この時のモルデガイのことばは、神様のみことばであった。つまり、神様はモルデカイを通して、エステルに選択権をあたえられておられると同時に、神様があなたを選ばれておられるということを示された。賢いエステルは、ユダヤ人の為に真剣になっている養父のことを思ったにちがいない。そして、彼女は死をも覚悟でクセルクセス王に会う決心をする。エステルは王に会う前に、モルデカイに3日間の断食をするように依頼した。

 モルデカイはその依頼を承諾した。全てが神の摂理の中にあることを思わされた。この章では、前記のネヘミヤ記やエズラ記のように[神よ]と祈る箇所がでてこないけれど、断食をすることそのものが神に祈り嘆願することにつながることである。

 誰かの為に犠牲になること、それは、まさにイエス様の十字架がそうである。無償の神の愛である。エステルもモルデカイもユダヤ民族の為にそれこそ死をも恐れずに行動できたのは、それは神が彼らに介入していたからである。神は、私達が覚悟して行動にでることを待っておられるのではないだろうか。みことばがしめされた。

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」 イザヤ書 41:10

祈り

天のお父様、あなたの御名をほめたたえます。あなたこそ唯一なる神であることに心から感謝します。信仰の弱い私があなたのみことばを今日も明日もこれからもずっと、ずっと心の糧として

歩ませて下さい。主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という