top of page
  • hccnichigo

2021年5月26日  デイボーション


エステル記 4章


「もし、あなたがこのようなときに沈黙を守るなら、別のところから助けと救いがユダヤ人のめにおこるだろう。あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、このような時のためかもれない。」14節


語られたこと:


 モルデカイは、ハマンの策略、つまり、全てのユダヤ人を根絶やしにすることをクセルクセス王によって書簡に印が押されたことを知って、衣を引き裂き、悲しみと嘆きで、粗布をまとい、灰をかぶり断食した。なにも知らなかったエステルは宦官をとおして、衣服を送り粗布を脱がせようとしたがモルデカイは受け入れなかった。モルデカイは、事の成り行きを知らないエステルに、宦官を通して、ユダヤ人全員にこれから起ころうとすることをすべてつげた。そして、エステルの使命も伝えた。最初は、さすがのエステルも躊躇したけど、モルデカイは必至になって食い下がった。


14節で語られているのを示されたのは、この時のモルデガイのことばは、神様のみことばであった。つまり、神様はモルデカイを通して、エステルに選択権をあたえられておられると同時に、神様があなたを選ばれておられるということを示された。賢いエステルは、ユダヤ人の為に真剣になっている養父のことを思ったにちがいない。そして、彼女は死をも覚悟でクセルクセス王に会う決心をする。エステルは王に会う前に、モルデカイに3日間の断食をするように依頼した。

 モルデカイはその依頼を承諾した。全てが神の摂理の中にあることを思わされた。この章では、前記のネヘミヤ記やエズラ記のように[神よ]と祈る箇所がでてこないけれど、断食をすることそのものが神に祈り嘆願することにつながることである。


 誰かの為に犠牲になること、それは、まさにイエス様の十字架がそうである。無償の神の愛である。エステルもモルデカイもユダヤ民族の為にそれこそ死をも恐れずに行動できたのは、それは神が彼らに介入していたからである。神は、私達が覚悟して行動にでることを待っておられるのではないだろうか。みことばがしめされた。

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。」 イザヤ書 41:10


祈り

天のお父様、あなたの御名をほめたたえます。あなたこそ唯一なる神であることに心から感謝します。信仰の弱い私があなたのみことばを今日も明日もこれからもずっと、ずっと心の糧として

歩ませて下さい。主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page