• HCCnichigo

2021年5月25日 ディボーション

エステル記3章

『歴史を治める救いの神様』

 ハマンが首長たちの誰よりも高い地位についた。クセルクセス王様はなぜ、この人をこの地位に置いたのか‥‥。

 何せ、このハマンがユダヤ人撲滅を企てて、動き出すのだ。この3章を読むと、彼はなんと過激な人物であったかを思わずにはおれない。

 ハマンが、ユダヤ人撲滅へと動き出したきっかけは、モルデカイが彼に対して膝をかがめず、ひれ伏そうともしなかったからだった。しかし、たったこの一件でハマンは怒り狂って、モルデカイだけではなく、モルデカイの民族すべてを根絶やしにしようと動き出すのだから、正気ではない。

 モルデカイがなぜ、このような不敬事件を起こしてしまったのか、その理由は明らかではない。でもきっと、ハマンはひどく過激な人物だったから、そのままひれ伏して追従すること自体、モルデカイが躊躇したのではないか‥‥ということは十分考えられる。

 民はようやく、捕囚から解放されたというのに‥‥。モルデカイはこの後、あのエステルに助けを求める。

 エステル記は聖書なのに、全く「神」ということばが出てこない。しかし、おもしろい。神様がそこに生きていて、その歴史を支配しているのが確かに分かるからだ。神様がどのように人々を介して働かれるか、この書は、私たちに神様の摂理を教えてくれる。

天のお父様

あなたは今日も生きておられます。この歴史を支配しておられます。モルデカイとエステルとのドラマを知っては、主よ、あなたは救いの神でおられることを教えてくださり、感謝します。アーメン。

30回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

2021年5月31日 ディボーション

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という