top of page
  • hccnichigo

2021年5月25日 ディボーション

エステル記3章


『歴史を治める救いの神様』


 ハマンが首長たちの誰よりも高い地位についた。クセルクセス王様はなぜ、この人をこの地位に置いたのか‥‥。

 何せ、このハマンがユダヤ人撲滅を企てて、動き出すのだ。この3章を読むと、彼はなんと過激な人物であったかを思わずにはおれない。

 ハマンが、ユダヤ人撲滅へと動き出したきっかけは、モルデカイが彼に対して膝をかがめず、ひれ伏そうともしなかったからだった。しかし、たったこの一件でハマンは怒り狂って、モルデカイだけではなく、モルデカイの民族すべてを根絶やしにしようと動き出すのだから、正気ではない。


 モルデカイがなぜ、このような不敬事件を起こしてしまったのか、その理由は明らかではない。でもきっと、ハマンはひどく過激な人物だったから、そのままひれ伏して追従すること自体、モルデカイが躊躇したのではないか‥‥ということは十分考えられる。


 民はようやく、捕囚から解放されたというのに‥‥。モルデカイはこの後、あのエステルに助けを求める。

 エステル記は聖書なのに、全く「神」ということばが出てこない。しかし、おもしろい。神様がそこに生きていて、その歴史を支配しているのが確かに分かるからだ。神様がどのように人々を介して働かれるか、この書は、私たちに神様の摂理を教えてくれる。


天のお父様

あなたは今日も生きておられます。この歴史を支配しておられます。モルデカイとエステルとのドラマを知っては、主よ、あなたは救いの神でおられることを教えてくださり、感謝します。アーメン。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page