• HCCnichigo

2021年5月24日 ディボーション

エステル記 2章

 前章では、クセルクセス王が、自分の命令に従わなかった王妃ワシュティに人前で恥をかかされたことで激昂し、王妃を剥奪する処分を下した。ところが2章の冒頭で「これ らの出来事の後、クセルクセス王の憤りが収まると、王はワシュティのこと、彼女のし たこと、彼女について決められたことを思い出した。」と書かれている。

 お酒に酔った勢いで調子に乗り、一時の感情に流されて王妃を追い払った事をちょっぴ り後悔し、気落ちしたクセルクセス王の失意が伝わってくる。とは言え、処分を取り消 す事は、王の権威を失墜させるので出来ない。バカな事をしてしまったなと思っていて も素直になれず、保身のためにつまらない意地を張ってしまう。素直で謙虚な人間であ り続けることは本当に難しい。

2章では、素直で謙虚なエステルが登場する。エステルは、両親を亡くした後、親戚モ ルデカイの養女として育ち、クセルクセス王の新しい王妃候補者の娘たちの一人に選ば れる。娘たちが一人ずつ順番に王のところへ入って行く時、娘の願うものはみな与えら れるが、エステルは何一つ求めなかった。このエステルの無欲さ、慎ましさ、謙虚さ が、彼女を知る人たち皆から好意を受け、王にも見初められてペルシャの王妃に選ばれる。

「あなたがたの飾りは、髪を編んだり金の飾りを付けたり、服を着飾ったりする外面的 なものであってはいけません。むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないもの を持つ、心の中の隠れた人を飾りとしなさい。それこそ、神の御前で価値あるもので す。」(ペテロの手紙第一:3章3-4)

 王妃に選ばれた後も、傲慢不遜であったり、おごり高ぶる事なく、養父の言いつけを忠 実に守り抜き、王の暗殺計画も阻止するエステル。

 有名になったり高い地位についたりする事で、周りからチヤホヤされ、勘違いしてしま う人間が、世の中に溢れかえっている。私もその一人だ。物事が順調に進んでいる時、 波に乗っている時、それが自分の力だと錯覚しそうになる。

 聖書の中で女性の名前が書名となったのは、エステル記とルツ記の2つのみ。エステル がその一人である理由がわかるような気がする。ユダヤ民族救済のための神様のプラン に用いられ、その務めをしっかり果たしたエステルの誠実で従順な生き方を、見習いた いと思った。

祈り:

愛する天のお父様。今日も聖書を通して「主に喜ばれる生き方」の指針が示されまし た。感謝します。恒心をもつ神の子として、おごり高ぶる事なく、神を畏れる純粋な生 き方ができますように。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

2021年5月31日 ディボーション

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という