• HCCnichigo

2021年5月23日 デヴォーション 

エステル記1章  

 エステル記は、エズラ記、ネヘミヤ記に続いて、捕囚期に書かれた書です。内容は、スリリングで手に汗握るようなシーンがたくさん出てきます。

 時は、ペルシャ帝国の時代です。クセルクセス王の王妃ワシュティが王の命令に背いために、王の前に出てはならないという勅令が出されることになりました。ワシュティは一生幽閉されることになったでしょう。

 現代の感覚で読むと、王の身勝手さと男尊女卑の社会に、どうにも納得の出来るものではありません。しかし、この王妃ワシュティが退けられたことで、代わりにエステルが王妃となり、このエステルの命を懸けた行動によってユダヤ人は民族滅亡の危機を回避することが出来たのです。

 聖書に聴く、それはこの御言葉に込められた神さまからのメッセージを受け取ることです。そのようにエステル記に聴くと、この書のメッセージは、ユダヤ人を抹殺しようとする暗闇の力に対する勝利であることが分かります。

 ユダヤ人を抹殺する目的は、この地上における神の計画を阻止することにあります。ユダヤ人は、その歴史の中で、ナチスによるホロコーストに代表されるように、幾度となく民族滅亡の危機を経験しています。

 この1章は、一見すると、王の身勝手さや、男尊女卑が気になりますが、そのような王の気質や、文化、社会状況を超えて、エステルを王妃にするための神の計画は成されているのです。

 私たちの生きる現代においても、まったく神とは無関係と思える社会、文化、人の考えであっても、それらさえも神は用いて、ご自身の計画を成し遂げられていくのです。

 まさに今起こっているイスラエルとハマスの紛争においても、私たちは「エルサレムの平和のために祈れ」(詩篇122篇6節)の御言葉に導かれて祈る者でありたいと思います。

 そして、この混沌とした社会にあっても、計り知れない神の働きが隠れたところで成されていることに目を留めていきたいと思います。

祈り

 天の父よ。神に選ばれた民であるユダヤ人が、その暗闇の力から守られますように。またハマス側にも主のあわれみが注がれて和解と平和が訪れますように。私たちが、歴史を支配し、今も計画を成しておられる主に焦点を当てていくことができますように、どうぞ導いてください。

主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6月1日 ディボーション

エステル記10章 『主の計画にこの身をささげる』 エステル記もいよいよ最終章。 書名のごとく、王妃となったエステルは中心的な人物として、ユダヤ人救済のストーリーは、ここまで展開してきた。しかし、この最終章は、決して私たちが忘れてはいけない一人の人を想起させてくれる。それはエステルの親戚にあたる、あのモルデカイという人だ。 「彼の権威と勇気によるすべての功績、王に重んじられたモルデカイの偉大さについ

2021年5月31日 ディボーション

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という