2021年5月22日 ディボーション

ネヘミヤ記 13章

『十字架こそすべて』

●学んだこと:

 ネヘミヤ記の最終章になってしまった。

 旧約のひとつの記、ひとつの書、新約の福音や手紙の物語が終わるたび、その書き手やできごとと歩んできた”旅路”の終わりを感じ、別れがたい寂しさを味わう。しばしの”ネヘミヤ ロス”だ。

 聖書の中でも珍しく、ネヘミヤは一人称単数で語ることが多かった。といってネヘミヤは、”自我”を出す人ではなかった。肉の感情にも支配されなかった。

 ネヘミヤはこの記の中でなん度もなん度も、「私の神よ、どうか、このことゆえに私を覚えてください」と、訴える。13章の中でも3回も、私を覚えてくださいと祈る。

 でもこれは自我の吐露ではなく、ネヘミヤが一生懸命、主のみ言葉を実現しようと、霊的に働こうとして、うまくいかなかったときの祈りだ。神さまへの正直な報告だ。

 こうした霊的な祈りを、神さまはちゃんと聞いて受け取ってくださる。ネヘミヤも、聞き届けてくださる神さまを信じきって祈る。祈りの交歓だ。

 それにしても、前の12章で終わっていれば、ハッピーエンドだったのに‥‥。

 イスラエルの民は、主のみ前にどれほど本気で誓いを立てても、挫折してしまう。ネヘミヤがなん度戒めようが、規定を強化しようが、過ちを犯す。

 またしても旧約でくり返される罪のパターン。

 私たちはつくづく、イエスさまの十字架がなければ、自分の罪を贖うことはできないのだ。

イエスさまの十字架がなければ、信仰者として生きてゆけないのだ。

●祈り:

 愛する天のお父さま、イエスさまを遣わしてくださったことを感謝します。十字架にかかってくださったことを感謝します。新約の時代に生きていられることを感謝します。私の神よ、どうか私たちを覚えて、いつくしんでください。

「肉の思いは神に敵対するからです。それは神の律法に従いません。いや、従うことができないのです。」ローマ8:7

 弱くおろかな者をあわれんでください。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ