• HCCnichigo

2021年5月21日 ディボーション

ネヘミヤ記12章

『喜びから喜びへ』

 さあ、エルサレムの城壁の奉献式だ!

 感謝の歌をささげるために、賛美隊が至るところに配置された。シンバルや琴に竪琴、ダビデの楽器を持つ人もいれば、歌い手たちに指揮者もいる。それだけで、とても盛大であったことを私たちは伺い知る。

 盛大な奉献式で、「この城壁は、神様、あなたの城壁です!」と、すべての栄光を主に帰した。

 その日のことが、43節にまとめられている。

「彼らはその日、数多くのいけにえを献げて喜んだ。神が彼らを大いに喜ばせてくださったからである。女も子どもも喜んだので、エルサレムの喜びの声ははるか遠くまで聞こえた。」

 たった1節の中に、「喜び」が4連発。その日、民は老若男女、一同に心から喜んだ。

 どうしてか・・・それは・・・

「神が彼らを大いに喜ばせてくださったからである。」

 ここに本当の喜びがある。

 そういえば、ネヘミヤかエズラが言っていた。

「主を喜ぶことは、あなたがたの力だからだ。」ネヘミヤ記8章10節

 その日、「エルサレムの喜びの声ははるか遠くまで聞こえた。」とある。

 喜びは、喜びを告げ知らせる。

 そのように私たちも、主を喜ぶ主の民として、この主にある喜び、抑えきれないこの喜びを、この島に解き放っていきたい。そのように思わされた。

天のお父様、

あなたを喜ぶことは、私たちの力です。主よ、私はあなたを喜びます。私たちの間に、あなたにある喜びをもっともっと増し加えてください。そして、この喜びの声がますますこの地に響き渡りますように。あなたの聖名をほめたたえます。アーメン。

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年5月31日 ディボーション

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

2021年5月29日 ディボーション

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ