2021年5月2日 ディボーション

エズラ記 3章


エズラ記は、バビロン捕囚から70年後の出来事が記されています。神の計画により、イスラエルの民は、捕囚を解かれて祖国に帰還することが許されました。そこから祖国の再建が始まるわけですが、まず何よりも重要なのが神殿の再建です。

 神殿は、ただの建物ではありません。神が臨在される場所です。ですから神殿再建は、神との関係の再建を現わしています。

 3章には、その神殿の礎が完成したことが記されています。基礎工事が終わったということです。(10節)その時に、民は賛美集会を持ち、主に向かい大声で叫び賛美しました。

 ただこの時、以前のソロモンによって建立された神殿を知っている老人たちは、大声を上げて泣いたのです。その涙は、嘆きの涙なのです。以前の神殿に比べたら、あまりにも小さく貧弱なのです。しかし、以前の神殿を知らない世代の者たちは、喜びにあふれて賛美しているのです。


 13節には「そのため喜びの叫び声と民の泣き声を誰も区別できなかった。民が大声を上げて叫んだので、その声は遠い所まで聞こえた。」と記されています。

 喜びの叫びと嘆きの叫びが一つになって区別ができなかったのです。これは、何を意味しているのでしょうか。

 神殿の基礎工事が完成した時の、この喜びは、神の栄光の回復を感謝しての喜びです。一方で、この嘆きは、神殿の小ささ=神の栄光の小ささに対する嘆きです。

 そう考えると、これら叫びは、どちらも神の栄光を求める賛美であり、嘆きなのです。ですから、一つの叫びになったのです。

 私たちの内にも、常にこの喜びと嘆きがあるように思います。礼拝堂の中で神の家族と共に主を賛美しその栄光の臨在に浸り、あるいは宣教の働きを通して主を信じて救われる者が起こされ、本当に喜びが満ちあふれます。と同時に、教会の足りなさを見て、宣教の困難さを見て、この世界の痛みを見て、私たちは神の栄光を求めて嘆きます。

 確かに、自分の内に、喜びと嘆きがあることが自覚できます。私たちは、喜びを通して、また嘆きを通して、主の栄光を求める者たちなのでしょう。 

祈り 

 天の父なる神さま。私は、あなたの栄光を見て、喜び叫び賛美する者です。また同時に嘆きを持ってあなたの栄光を求める者です。今日も、ただあなたの栄光をほめたたえ、求める者でありますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ