2021年5月19日 ディボーション

ネヘミヤ記 10章

『このようにして私たちは、自分たちの神の宮をなおざりにはしない。』39節

語られたこと: 

 民の悔い改めの長い祈りが終わった後に、民は文書をもって盟約を結んだ。そして、盟約に印を押した人達の名前が記されている。その盟約の内容とは、のろいの誓いといわれた文書である。

 民が、のろいの誓いをした思いとは、過去の罪からの絶対的なる悔い改め、強い強い訣別であった。

  • 雑婚の禁止。

  • 安息日を守り、それの規定を守る。

  • 神殿祭儀のささげ物と、その時に使用される薪のささげ物の規定を守る。

  • 収穫物の初なり、動物の初子のささげ物の規定を守る。

  • 1/10のささげ物の規定を守る。

 そして、民は、「自分たちの神の宮をなおざりにはしない。」と心に誓った。

 私達クリスチャンにも言えることではないだろうか。どんな時にも礼拝をなおざりにしてはいけないこと。イエスキリストによって、私達は神の子とされ、又、多くのクリスチャン兄弟姉妹となった。私達は、常に礼拝を守り、兄弟姉妹達と愛の交わりを持ち続けていけるようになりたいものである。

祈り:

 恵み深き愛する天の父なる神様。あなたは唯一の神であり、今日も私達のために忍耐を持って見守って下さっておられることを心から感謝します。

今朝のみことばを心から感謝します。日々悔い改めて神の前に立ち上がることができますようにお導き下さい。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ