• HCCnichigo

2021年5月18日 ディボーション

ネヘミヤ記9章


「私たちは今、奴隷です。」(36節)

●ペルシャの捕囚から戻ってきたユダヤの民は、遂にエルサレムの城壁を再建したのです。本当に感謝ではありましたが、今の現状と自分の置かれた立場が奴隷だという事です。


 なぜユダヤ人は奴隷になったのか? 先祖の罪が神によって裁かれたからです。それによってバビロンの捕囚とされ、自由に生きることが出来ませんでした。それ以前にも、エジプトの奴隷となったことがありましたが、解放されて自由の民とされました。民たちは、その出エジプトの出来事を、学者エズラを通して律法の書を開いて学びました。


 ここで大事なのは、彼らは、どんな立場にあるかという事です。それは、神が共にいて下さるという事と神はその歩みを祝福しておられるという事です。奴隷が神によって捕囚から解放され、赦されて一から生活を始める事が出来るようになったという事です。  


 私たちも今までは罪の中で死ぬ者でありましたが、神がその私たちを無条件で赦して下さり、日々新たな人生を迎えることが出来るようにしてくださいました。私たちは、神に愛されている民なのです。


 私たちは、罪の奴隷状態から立ち上がるために、神の前に出てイエス様の十字架の恵みをしっかりと噛みしめてみたいと思います。そこに喜びがあるのです。

●お祈り

 天のお父様、私のために十字架にお掛りになって私の心を自由にしてくださった事を感謝します。またその事をいつも思い出してあなたと一緒に喜びで満たしてください。あなたの心を知ることが出来て感謝します。人はあなたの心が分からないうちは、罪の奴隷となってしまいます。分かっていたとしても目に見える主の働きが見えない時に、弱くなってしまう私です。そんな私が、主の前にひざまずき礼拝が出来る幸いをありがとうございます。


イエス・キリストの名によってお祈りします。 アーメン


(校正版)

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年5月31日 ディボーション

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

2021年5月30日 デヴォーション

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

2021年5月29日 ディボーション

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ