2021年5月14日 ディボーション

ネヘミヤ記5章

『神を畏れつつ歩む』

 民とその妻たちから、同胞のユダヤ人に対して、強い抗議の声が飛び交う。それは、はなはだしい貧富の差から生じた問題に対する声だった。

 ネヘミヤは、このことを聞いて激しく腹を立てた、と書いてある。そして、十分考えた上で、行動に出た。それは、有力者たちや代表者たち(いわゆる富裕層に属する人たち)を非難したのだ。行動は、それだけでは終わらない。さらには、大集会まで開いて、彼らを責めた、と記されている。

 そして、同胞の間で問題となっていた高利貸し問題を彼らに突きつけ、その利息分を貧しさの中にある同胞たちにちゃんと返すことを誓わせたのだ。これで、この問題は丸く収まった。

 しかし何故、ネヘミヤはこんなにも、この問題に激しく腹を立て、このような大胆にも見える行動をしてまで民を正したのだろうか?

 それは、神を畏れていたからだった。ネヘミヤは言う。

9節「私たちの神を恐れつつ歩むべきではないか。」

 彼自身も、前任の総督たちやその側近がいばり散らして、民を圧迫していたが、15節に「しかし、私は神を恐れて、そのようなことはしなかった。」と記されてある。

 神を畏れて生きる。それは、人々とどう生きるか…に直結していることなのだ。

天のお父様

あなたが神です。あなたを畏れます。あなたを畏れて歩むことを通して、あなたの御旨を私に教えてください。アーメン。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ