2021年5月12日  デイボーション

ネヘミヤ記  3章

語られたこと:

 城壁復興への道がいよいよスタートした。

 城壁を造るために多くの人々が協力した。各村ごとにリーダーをおこして城壁のつなぎの工事をしてきたことや、又、城壁の両サイドからの補修をしてきた。このことは、城壁復興だけでなくて、各村ごとの復興作業に協力した民が収入が得られることにもつながった。神が、ネヘミヤに与えた知恵ある行動からでた計画は実に素晴らしいものだった。ネヘミヤは敵がせめて来る前に工事を早く終わらせたかったにちがいなかっただろう。

 ネヘミヤの民を動かしていく事前の行動、例えば夜になってロバにのって崩壊した城壁を視察していくところ、それは、やはりリーダーとしてのこれから多くの人々の助けを得るための計画の為だった。ネヘミヤの良きリーダーとしての賜物が民を賢く導いていくことに繋がったのだろう。

 ネヘミヤが2章20節で妨害者たちに言ったことば、「天の神ご自身が私たちを成功させてくださる。」を心にしっかりと持っていたことが計画に行き届いたと思う。

 何事をするにも常に事前に、神に祈り、神を優先にしていくように、リーダーとチームが一つになって教会の為に働けることではないだろうか。

祈り:

 愛する天の父なる神様、あなたの御名を心からほめたたえます。

 今朝もあなたからのみことばをお語りになって下さって心から感謝します。

 あなたからいただいたみことばが、よりよい教会生活をしていくうえで

ますます信仰の深みに入っていけますように導いて下さい。

 感謝して、主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ