2021年5月11日 ディボーション

ネヘミヤ記 2章

『神と共に歩む』

●ペルシャに捕囚されていたユダヤ人はBC515年に第二神殿完成させた(ゼルバベル神殿)。建物は再建できましたが、礼拝が確立されていなかったのです。エズラは神殿での礼拝を確立するために第二回目の帰還を果たしました。その時は城壁が壊れたままだったのです。ある学者によると、城壁が壊されたのは、捕囚された時ではなくて神殿を再建した後だったといいます。

その事に気が付いたネヘミヤは安全に礼拝ができるよう城壁の修理のために神さまに祈ってきました。そしてエルサレムの城壁を修理するタイミングがやって来たというのが、この2章です。

ネヘミヤはペルシャのアルタクセルクセス(アルタシャスタ)王に城壁再建のための許可と通行許可書を貰い、先祖の墓のある町、エルサレムに様子を見に行きました。エルサレムの周りには、反対者がたくさんいたのです。王がネヘミヤにエルサレム滞在期間を聞いたのは、ネヘミヤを信頼しており必ず帰って来て欲しかったからです。無事に王の元に帰ることができるようにするために王は許可書をくださいました(なんと素晴らしい神の計画なのでしょうか)。

 ネヘミヤはまず、無事にエルサレムに着くことを優先させ、騎兵隊に守られながらエルサレム周辺の様子を見届けて、初めてエルサレム城壁を修理することをエルサレムの人々に告げました。それはユダヤ人の周囲にはたくさんの敵というか妨害工作があったからです。 ネヘミヤは神に祈り、神の計画を全うするために立ち上がったのです。

●お祈り

天のお父様、ネヘミヤの事を通し色々な事を学びます。あなたの計画、神を礼拝するために色々なことを考え、慎重に行っていたことは驚かせられます。私たちもあなたの心を知り、あなたの心を全うさせてください。エレミヤのように困難な問題があっても、あなたを忘れず祈りをさせてください。

神の心、神の愛で心を満たしてください。礼拝させてください。お願いします。イエス・キリストの名によってお祈りします。 アーメン


参考文献

●ゼルバベル神殿 BC515に再建

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%99%E3%83%AB



●律法学者エズラ

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/message-station/Osaka1603_Ezra.pdf

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ